地球史上最大の逼迫した核の危機は「フクシマ」



プーチン大統領、オバマ大統領と電話会談、イラン核問題の結果を評価

© Sputnik/ Alexei Druzhinin
政治
短縮 URL
0714170

プーチン大統領はオバマ米大統領と電話会談を実施した。会談は米国側のイニチアチブで行なわれたもの。露大統領府のサイトによれば、両首脳はイラン核プログラム交渉の結果について話し合った。

「両首脳はウィーンでのイランプログラムを巡る状況の調整についての交渉に高い評価を与えた。この問題についての政治外交的解決を探る長年にわたる尽力が実を結んだのは、『6者』、イランそしてEUが建設的な相互行動をとれたおかげだ。」

プーチン大統領とオバマ大統領は、イラン核問題の合意は国際社会全体の利益に応え、核不拡散体制を強化し、さらに中東地域の緊張を弱めることにつながると指摘した。

これに関して両大統領は安全保障および世界の安定確保における露米の対話の役割を強調している。

露大統領府のサイトには「ウィーン合意の堅実な実現化、国際テロの脅威との闘いをはじめとするその他の逼迫した国際的なテーマについても共同作業を続けることへの相互の気構えが表された」と書かれている。




6月28日 臨界イリュージョン炸裂
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-7857.html


7月13日 連日、中性子線煙モクモクが止まらない
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-7913.html

7月13日
ユーザーの皆さん、
どうかくれぐれも
御身体を大切になさって、
この暑さを乗り切って下さい。

by ロシア
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-7913.html

7月13日 村田光平から ケネディ大使宛書簡
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-7940.html


7月21日 フクシマ大臨界
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-7958.html


逼迫した核の大問題は、
イランプログラムなんてもんじゃない。

福島の巨大デブリの大臨界である。

世界が破滅するかもしれないのだ。

よって、16日の

プーチンとオバマの電話会議の

逼迫した国際問題とは

「フクシマ」であるに違いない。



>相互の気構え

覚悟だよ、覚悟



そして日本では。。。これ↓

418:飯山一郎 :2015/07/24 (Fri) 14:02:47 host:*.ocn.ne.jp
>>416 もりさん

>東電のお偉いさんは、今何を考えているのでしょうね。

自己保身しか考えていません。

日本の指導層・支配層の大半は…、
自己保身と目先のカネと利権をネコババすること、これ以外何も考えていません。

417:飯山一郎 :2015/07/24 (Fri) 13:56:16 host:*.ocn.ne.jp
>>416 もりさん

日本全国、上から下まで地面に這いつくばって、うわの空です。はい。

危機察知能力、認識能力、思考能力、…など人間としての知的能力が著しく劣化して、
人間らしい心のやさしさもなくなり、言語能力・表現能力さえ失って…、ゾンビ状態。

前稿で「露天原子炉が噴き出す放射能で、1億人の民族が全滅し消滅しちゃう…」と
書きましたが、あれは生物学的な「生と死」という意味で、本来の日本人らしい心情と
教養と知恵をもつ日本人の大半は、すでに死に絶えました。

…という認識を共有した日本人が、ココに集まって、ココを読んでいます。はい。

416:もり :2015/07/24 (Fri) 12:53:10 host:*.bbiq.jp

「恐ろしすぎるフクイチの現実」
言葉を無くして家族全員固まりました。

排気塔も揺れてましたね。これは国会内で山本太郎議員が追及した、中央に亀裂の入った排気塔でしょうか?

東電のお偉いさんは、今何を考えているのでしょうね。
原発村の天下り役人さんも、頭脳明晰の東大の学者さん達も。

世界を道ずれに日本が根底から崩れ去ろうとしている恐ろしすぎる現実も、
海外移住の算段にご多忙でうわの空なんでしょうかね。

3.11の汚染瓦礫を全国にまき散らして燃やしたあれが国家の真の姿と知り、
飯山先生の教えに従い自助努力で生きる決心を固める今日この頃です。

http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15460952



コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか