「突発性被曝死」を「熱中症」とうどぶく植民地



ヒトがバタバタと倒れ…
熱中症
熱中症で、先週1週間に救急搬送された人は、2015年最多の6,165人だった。2014年の同じ時期に比べて、およそ2倍で、死者は、14人にのぼる。 (記事)

各地で旅客機が着陸できないくらいの濃霧が続いている。(この原因は↑フクイチの地下から噴出する膨大な量の放射性水蒸気なのだが…)

この濃霧を大量に吸ってしまった人間が、倒れはじめる。死者もでる。その時期は、4~5年後ではない。死者の激増は4~5ヶ月後だろう。

ヒトは、死ぬ前に意識を失って倒れる。
首都圏で電車を止める急病人の激増は、この前兆だった。


そして、いま、「熱中症」が激増している。

今年の「熱中症」は、炎天下での通常の熱中症ではない。屋内で倒れる場合も多い。
先週は、6,165人もの熱中症患者が救急搬送された。
こんなことは2011年以前はなかった。2011年以降、日本人が急激に弱りはじめたのだ。

いまの「熱中症」は、医師がつけた病名であって、実際は「熱中症」とは全く違う病気だ。

ストロンチウムが核変したイットリウムが膵臓に集中し、臓器不全を起こした新型の疾病だ。


「熱中症」と「心筋梗塞」の激増。
この現象が今後の死者の激増のスタートとなり、病院が満杯になり…、医者や看護師までが「熱中症」で倒れるとき…、日本という国家社会は機能マヒ状態になるだろう。


日本国の終焉である。
飯山 一郎


他殺は自殺へ

薬害は病死へ

被曝死は熱中症へ


放射能は安全だから
食え、飲め、吸えと言う
テロ集団が
「被曝死」を
改ざんするのです


どこまでも恥知らずな
お下劣列島




コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか