核とミサイルと和多死


“核を超える兵器”戦略見直しの裏:非核ミサイルCSM 投稿者 LunaticEclipse-US

岡部いさく 超高速滑空体 HGV


ロシア 新型重量級弾道ミサイル実験の用意あり



© Photo: RIA Novosti/Pavel Lisitsyn

ロシアは、重量級ミサイルの製造を再開する。今年2015年には、重量級大陸間弾道ミサイル「サルマト」の実験が予定されている。このミサイルは、重さ10トンの積載物(ペイロード)を世界のどの地点にも運ぶことが可能だ。


放射能を中和させる方法を発見

放 射性物質の多くは、自然界で崩壊するのに数十年、数百年、またはそれ以上の長きを要する。しかしながら、ロシア科学アカデミーA.M.プロホロフ一般物 理研究所の研究グループが、わずか1時間で中性化、安全化させる方法を発見した。この新しい方法を用いて、福島の水を浄化させることも可能だと、研究者は 考えている。






もしあなたが先立てば~
俺一人で行くと言ってね~

私は~その言葉を胸に~
ロシアへと旅立つわ~

あなたの保険を確認した後で~

核とミサイルと和多死~
ヘタレのあなたのため~

毎日~呪っていたいから~

亡国記念日には~
奴隷だったと言って
その気でいさせて~



日本最後の日本男児
ノエル君に手を出した植民地奴隷和人
最後くらい男らしく
フクシマ封鎖へと旅立とう

合掌

228:飯山一郎 :2015/07/21 (Tue) 02:08:03 host:*.ocn.ne.jp

今後、世界人類の最大の課題は、フクイチのデブリの問題!ということになる。

フクイチの地下で激しく再臨界している100トンのデブリが鎮圧できなければ…、
数十億人の人間が深刻な被曝を受け、死滅することになるからだ。

フクイチの地下で煮えたぎっている100トンものデブリは、人海作戦では鎮圧する
ことはできない。数億人を投入しても無理である。

フクイチのデブリを鎮圧するに、人海作戦は無理!こんなことは、国際社会の常識。

いま考えられている技術は…、
 1.特殊な人工衛星を使って太陽のフォトン・エネルギーを集中し10万度という
   超々高温でデブリを無害化する技術。(地上での試作機は、すでにある!)
 2.特殊トンネル掘削ロボットで、デブリの真横付近までトンネルを掘り、そこから
   デブリの真下にバンカーバスターを撃ち込み、デブリを沈め、埋め殺す方法。
 3.デブリ底部に小型核を撃ち込み、デブリをバラバラに散らし、再臨界を止める。

などなど、どれも大変な荒療治だが…、世界中の核物理学者たちがロシアに提言済み。

しかし、フクイチのデブリを鎮圧するには、国際的な合意が必要だが…、これは人類の
存亡の問題!ということで、プーチン・習近平・オバマ・メルケルの間では阿吽の合意
が出来ている。

で、最大の障害は、米国戦争屋と日本政府だが、米国戦争屋はプーチンが、日本政府は
中国政府が、「攻略」をはじめている。これが世界の現在の状況。 (飯山一郎)

http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15460952




まるっと諜報だー

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか