世界は3年前から動いてた②


世界の動かし方
OS 村田光平
村田光平・元スイス大使が… 
命を懸けて世界に情報発信!
飯山一郎の“中性子線情報” 
を世界の要人が知ることに!
下の3通の手紙は、村田光平・元スイス大使が菅義偉内閣官房長官と舛添要一都知事に宛てた手紙である。

フクイチの地下に沈んだデブリが中性子線とトリチウムを大量に大気中に発散させている!という衝撃的な(飯山)情報が書かれている。


問題は…、村田光平氏が国内の要人(菅義偉と舛添要一)に情報を上げただけではなく、ローマ法王やケネディ大使にも「中性子線とトリチウム情報」が発信されたということだ。

この結末を、国際社会は注目するだろう。

世界的な要人の誰かが「中性子線とトリチウム情報」に言及したら…、日本政府の国際的な信用が完璧に失墜するからだ。
菅義偉内閣官房長官殿
平成27年6月29日
村田光平
拝啓
 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

 再臨界に由来する中性子線量と溶解燃料棒と海水の接触から生じるトリチウムが全国に飛散し甚大な被害を生みつつあるという飯山一郎氏(名刺別添)の衝撃的情報をお届けいたします。

 同情報が正しければ、ご報告済みの「週刊プレイボーイ」(2015.5.4)の下記指摘が現実になっていることを意味することになります。

「CTBT(包括的核実験禁止条約)に基づき「日本原子力開発機構」が群馬県高崎市に設置した高感度の放射性核種監視観測システムには、昨年12月から福 島第一原発の再臨界を疑わせる放射性原子ヨウ素131とテルル132、が検出され続けている。また福島第一原発2号機横の観測井戸では、今年に入って新た な核分裂反応の再発を示すセシウム134とトリチウムの濃度が高まるばかりだ。」

「質量がケタ外れに多い福島第一原発のデブリが「地底臨界」すれば、東日本どころか地球規模の超巨大原子力災害に突き進む! だからこそ海外の研究者や政府関係者たちも、福島第一原発事故処理の不透明な現状に対して不安といら立ちを募らせているのだ。」

 この指摘を検証することは国民の間のパニックを回避するためにも重大な緊急課題と思われます。

 飯山氏は最近の日中財務責任者間の事故対応のやりとり、プーチン大統領の日本からの移住者受け入れの意向などに関する情報に通じております。無視することはできないと思われます。

 舛添都知事宛メッセージを添付いたします。
 本件検証につき、どうかよろしくご指導、ご支援をお願い申し上げます。  敬具
舛添要一都知事殿
平成27年6月28日
村田光平
別添名刺の飯山氏は鳩山元総理も出席された講演会(要約はこちら)で福島事故の絶望的現状を伝え、700名を超える聴衆に衝撃を与えたようです。溶解燃料棒が惹起する水蒸気爆発により中性子線とトリチウムが全国に拡散し恐ろしい結果が出だしているとのことです。

 別添菅官房長官宛メッセージで言及した「週刊プレイボーイ」(2015.5.4)の記事が現実となったかの検証が緊急に求められると思われます。


 確認されれば東京五輪は完全に問題外となります。  本情報の取り扱いにはご注意願います。
舛添要一都知事殿
平成27年7月13日
村田光平
 福島事故の教訓を全く無視する日本の現状に言い尽くせない危機感を抱いております。
  福島は世界の問題です。

 ローマ法王宛(
こちら)、ケネディ大使宛(こちら)書簡をお届けいたします。

 最早東京の安全どころか日本の安全の検証が緊急となっております。
IOC も今や自らも信じない under control 発言を放置することに対し当然批判が高まりつつあります。


 日本による返上を一番望んでいるのはIOCではないかと思われます。

上の3通の手紙のなかで熟読すべきは、ローマ法王宛とケネディ大使宛の英文の手紙である。

この2通の手紙には、「中性子線とトリチウム」のことがシッカリと書かれている。

ケネディ大使宛の村田光平書簡は、オバマ大統領が必ず読むことになる。

ローマ法王と、ケネディ大使は、人類滅亡に繋がる「中性子線とトリチウム情報」を知らない。

オバマ大統領は、プーチンからの直通電話で「中性子線とトリチウム情報」は得ている。

問題は…、
国際社会がフクイチ産の「中性子線とトリチウム」に関して、“共通の認識レベル”に達したとき、「先ずはフクイチのデブリ鎮圧だ!」と声を上げる強力なリーダーが出るのか? どうかだ。


鷲は…、プーチン・習近平・オバマ・メルケル、この4人のコラボによるリーダーシップが形成される!と確信している。

話し変わって…、今月は、福田康夫元首相と谷内正太郎・国家安全保障局長が北京に呼ばれている。両名とも李克強首相が付きっきりという厚遇を受けた。これは北京政府の強力な日本攻略の一環だ。

先月北京に呼ばれた麻生太郎は、わずかだがマダラボケっぽくなったという。これには北京もガッカリらしい。

福田康夫・小沢一郎・鳩山由紀夫、麻生太郎。…どれも北京とモスクワが考える「臨時政府」の首脳だが、適任者はいない。

どいつもこいつも、「ホ」、とくにストロンチウムで脳神経細胞のニューロンとシナプスがイカれてきているからだ。


タコばかりのニッポン。どうなる?
飯山 一郎



世界は3年前から動いていた



福島第一原発4号機問題:村田光平さん(元駐スイス大使)NO NUKES

日本側が色々な事情がございまして
この事態の収拾に
最大限の対応をしていない現実に対しまして
今、世界が動き出した、というのが現状です。

                     2012年7月

植民地ヌッポンは
とっくに
マルハゲドンだし

元祖ISISテロ資金源でもある
自爆テロ列島

パイナップルアーミー
包囲されていたのでした!

もう、
ロシアの核無害化技術
頼る他ないのです!



おわかりぃ?


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか