SM警官 逮捕?


2012年02月11日21:19  事件 地方
全裸客、捕まえてみれば警官=SMクラブで公然わいせつ容疑-北海道警

CI0003

1
睦月φ ★ 投稿日:2012/02/11(土) 12:01:28.21 ID:???0
 SMクラブの客の前で全裸になったとして、北海道警札幌中央署は11日未明、公然わいせつ容疑で道警厚別署留置管理課巡査長の泉沢有俊容疑者(28)=札幌市厚別区厚別中央3条=を現行犯逮捕した。 
  札幌中央署によると、「裸でいたのは間違いない」と容疑を認めている。

 店は、深夜営業飲食店の営業許可しか受けていないにもかかわらず風俗営業を行っている疑いがあったため、 同署の捜査員が捜査に入り、全裸でステージに上がっている泉沢容疑者を発見、現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は11日午前1時25分ごろ、同市中央区南5条西のSMクラブ「クラブパティオ」で全裸になり、 公然とわいせつな行為をした疑い。

 同署によると、店には当時男女16人の客がいた。泉沢容疑者は調べに当初、職業を明らかにしなかったという。


SMクラブで裸の警察官を擁護する

2012年2月14日 カテゴリー 社会問題一般    Share on Facebook

札幌のSMクラブが摘発され、ステージで裸で緊縛されている男を捕まえてみれば、警察官だった。一見痛いニュースだが、警察官の不祥事一般として捉えていいのだろうか。
人間は様々な性的欲求を抱えている。人前で裸になりたいというのもよくある欲望だが、それを路上で行えば、「見たくない」という自由を侵害することになる。だがこの警察官は、その場を欲望発露として合意で集まっている客の前で行ったのだ。
様々なストレスにさらされる警察官が、そのような形で発散して再び明日からの職務に励むことは、むしろ正しいのではないか。

摘発されたのは、札幌市中央区南5条西のSMクラブ「クラブパティオ」。伝説の緊縛師、志摩紫光がやってきて本格的なSMショーを行ったり、客がメイクしてドラッグクイーンとしてステージに立ったり、夜ごとに様々なイベントが行われている。
風俗営業であるのに、深夜営業飲食店の営業許可しか受けていなかったのが、摘発の理由だ。

2月11日未明、北海道警札幌中央署の捜査員が踏み込んだ時に、ステージ上で裸で腰や腕などをロープで縛られていたのが、道警厚別署留置管理課の28歳の巡査長だった。
公然わいせつの容疑で、巡査長は逮捕された。店には当時男女16人の客がいた。本人は「裸でいたのは間違いない」と容疑を認め、北海道警は「警察職員が逮捕され、誠に申し訳ありません。事実関係を調査し、厳正に対処して参ります」とコメントしている。

公然わいせつとは、何か? 刑法第174条には「公然とわいせつな行為をした者は、6ヶ月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する」としか書かれておらず、わいせつが何かは定義されていない。
そのために法廷の内外で、今に至るまで決着の付かない議論が続いている。

路上や鉄道のホーム、車内などの公共の場で、男性が性器を露出する。そのような公然わいせつに対しては、取り締まるべきだ、ということで異論はないであろう。

古くから議論されてきたのが、ストリップ劇場でダンサーが裸になることだ。観客は彼女が裸になることに、合意というより期待して集まっている。それなのに、なぜ違法になるのかという問題だ。
1997年に亡くなった一条さゆりは、引退興行で逮捕されたとき、「ストリップは大衆娯楽、わいせつにはあたらない」として最高裁まで争った。だが懲役1カ月の判決を受け、和歌山刑務所で服役した。
この議論に決着の付かないまま、最近ではストリップへの摘発は少なくなっている。

変わって近年、摘発されるようになったのが、室内で男女がセックスする、乱交パーティやカップル喫茶だ。営利目的のものだけでなく、同好の士が集まった趣味の乱交パーティも摘発を受けている。

公然わいせつということでは、都内の路上などでヌードを撮影した写真家の篠山紀信氏が、09年に家宅捜査を受けている。大きな遮蔽板を立て、見張り役を置き、他者の目に触れないよう、細心の注意を払っての撮影だったにも関わらずである。

SMの世界は一部のマニアのものとして、長い間、警察からは放置されてきた。
「下手に逮捕したりすると、パトカーが汚れるから」という現場の警察官の声もあった。
人前で裸になって縛られたいというのは、確かに奇妙な欲求だ。
だが、時には愚かしいことを考え、したくなるのが、人間というもの。
他人の自由を侵害しない限り、それは自由なはずだ。
逮捕されたのが警察官だったという皮肉で、指弾されるべきは、自由の領域に踏み込んだ警察のほうではないだろうか。

http://www.rokusaisha.com/wp/?p=605


と、いうわけなので
「公然わいせつ検挙率アップキャンペーン」のため

日本警察は身内にも厳しくやっております!という
演出をするために、
目を付けていたザコお回りを
生贄にしたとしか
おもえませーーーん。

風俗店として許可とってない
貸切のホテルの部屋とかで

ケケ仲ファミリーが
夜な夜な
薬物乱交パーチーやってるのを

放置している警察が
何ぬかしてんだーーーwww

日本中の国家公務員のお回りが
SMプレイしてるんじゃないのぉ?w

懇意にしている業者だけ
特別扱いしてないかーーー?w

別にSMプレイだろうが
ゲイ乱交だろうが
密室で勝手にやるぶんには
一向にかまわないが

社会通念上、一般常識からして
明らかに「不快」な広告が
平然と垂れ流され、
平然と公言している人々が沢山いるのに

ろくでなし子さんみたいに
明るくあっけらかんと楽しく
まんこ芸術やったら
不当な逮捕を繰り返す

日米合同委員会のポチ、
植民地奴隷にだけ弾圧をかける
子どもにまで虐待をする
公設暴力団の「暴力」こそが

不快です!!!


みなさん、そう思いませんか?!

児童ポルノ法だって
ザコ庶民に言いがかり付けるためだぞ。


放射能汚染で
世界中から笑われてる日本
吠えてみました。

間もなく終了する日本

みなさん、もう、終わりなんだから
言いたいこと言っておこうね。





コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか