甘い匂いの養鶏場


2015/07/16(木)  賓客を饗す(もてなす)
「元気」だけが鷲の取り柄
賓客1
『南民旅館・放知技』のパーティは大盛会だった。
身長2mのサリバン君を見上げる陳 明仁氏
賓客2
ライブ歌手・ヤヨブーが『あらびき茶ソング』や『華奴・白馬の歌』を
迫力ある歌声で歌い、会場をわかせ、盛り上げた。
賓客3
本日(16日)は、悪臭ゼロ! 甘い匂いのする養鶏場を見学。
賓客4
鶏たちと一緒にいると…、気分が爽快になってくる不思議さ。
賓客5
記念撮影。
鷲の客である二名の中国人もビックリ仰天の見学会だった。

織田信長が徳川家康の領地・駿府を訪問することになった。

家康は倹約家(ドケチ)だったが、こと国賓を接待するとなると惜しみなく巨費を投じ、国の総力をあげた。

家康は、信長が通る道路を美麗に整地し直し、橋を架け替え、信長の宿舎を全て新築し、接待要員の衣服も全て新調した。

客を饗す(もてなす)とはこういうことなのだ。

鷲も今、中国からの賓客の接待に全力をあげている。

甘い匂いのする「不思議な養鶏場」に賓客をお連れしたのも、その一幕。鷲独特の接客法だ。

さて、四位豊明氏(鹿屋市在住)が、乳酸発酵させた竹の粉を飼料にして、数百羽のニワトリを無病・無臭で育てている養鶏場。大感激するのは、タマゴの味だ。

市販の(毒に近い)タマゴのタマゴかけ御飯はマズくて食べられないが…、四位養鶏場のタマゴは、美味いの何の!
「タマゴって こんなに美味しかったの?」
と、叫びたくなるほど美味いのだ。

このタマゴは市販されてはいないが、じつは、ネット通販サイト『ドリアン大将』で買える。

が…、こう書いただけで、一瞬で売り切れになるので、買いたい方は4~5日は待ってから注文して下さい。

飯山 一郎




ぎのごちゃんも
潜入捜査したあの養鶏場ですー

ほんわかいい香りしてましたー


養鶏場=臭いのが当たり前

↑これこそ、勘違い

本当は臭くなるほうがおかしいのだ
凄まじくおかしいのだ
どんだけおかしいんだ、ヌッポンの食



薬物まみれの抗生物質まみれの
くっさい汚い養鶏場こわっ

中国メディアのほうが、正直や

日本は一言も、いわん
怖い国やで、ほんま

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか