南民旅館『放知技』


志布志事件(冤罪事件)で有名な中山信一さん所有の旅館を借り上げ、(旅館名だけを)リニューアルして、オープンします!

南民旅館『放知技』が7月14日に仮オープン!

志布志市の駅前に『南民旅館・放知技』という避難家族など(避難民)が長期滞在できる宿泊施設がオープンする。

『南民旅館・放知技』は、鷲がプロデュースし、鷲が一枚噛んだ案件なんだが…、7月14日に仮オープンする。

で、宿泊客の第一号は、映画『シリウス』のグレゴリー・サリバン氏ご一行様。

あと…、中国は広州市の富豪(数百億の資産家)ご一行様が投宿する。
この富豪は、ワシの『ゴビ砂漠・農地化構想』を、現在、大胆進めている御仁だ。

南民旅館・『放知技』は、スナック『メルトダウン』という看板がある交差点から30mのところにある。あんまりE~目印ではないが…、仕方なかんべww

なお、難民旅館『放知技』には、「放射能地獄を生き抜き、生き残るための知恵と技術を語り合う居酒屋型会議室」があります。

この特殊な会議室では、ほぼ毎日 『飯山一郎のショート口演会』が行われます。

「ショート」とは「話が短絡する」という意味なので…、カネなど取れません。ですから参加費は無料です。 ^g^/
飯山 一郎
め じ る し
めるとダウン



>ほぼ毎日 『飯山一郎のショート口演会』が行われます。 「ショート」とは「話が短絡する」という意味なので…、カネなど取れません。ですから参加費は無料です。 ^g^/


ずーーーーーーーーーーっと
喋っています。


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか