公務員の犯罪はもみ消すのがこの国



大分 自衛官が自宅に放火し逮捕 子供4人が焼死

© Sputnik/ Caitlin Ochs
日本


昨夜5日、九州・大分県杵築市の民家から出火、子供8人のうち4人が焼死した。この家の持ち主である自衛官が、自宅に放火した疑いで逮捕された。地元警察が伝えた。
火事は5日から6日にかけての深夜に発生、家は木造2階建てで、両親と17歳から3歳までの子供8人を含め10人家族が居住していた。

出火当時、親戚宅にいた長男を除き9人が家にいたが、両親と幼い娘は救い出されたものの、14歳から5歳の4人の子供が焼死した。なお家は全焼した。

月 曜昼、警察は、現住建造物等放火の疑いで4人の父親の海上自衛隊1等海尉末棟憲一郎(スエムネ・ケンイチロウ)容疑者(40)を逮捕した。彼は、 広島県江田島の部隊に所属、単身赴任中で、5日は杵築市の住宅に帰っていた。彼は、部隊では隊員の教育を担当する指導的な地位にあった。仕事上の叱責を受 けた事はない。

警察は、事件の原因を調査中だ。



志布志事件でもろばれ。

この国はバッレバレのでっち上げでさえ
裁判に負けても認めず謝罪もしない。
それが植民地政策行政。

ではなぜ、時々、
まだ容疑者の段階で
実名報道される公務員がいるのでしょうか?

組織を告発しようとしたものへの
報復しかないでしょう?

それ以外、理由ある?

ないでしょ。


ろくでなし子さんの漫画
この国の司法も捜査も
「あぜ~~~ん」な代物だと
よーーーくわかる。

まだまだザコ庶民は、
勘違いをしている。

本物の犯罪は立件せず
でっち上げで誰かを犯罪者に仕立て上げ
本物の被害者と被害はもみ消す

それが権力の犬、警察の雑用です。

すでに司法では、平和偽装に向けて
結果が決められているのです。
事件の総体は「企画」されているのです。

原爆村は誰一人逮捕されず
デブリは中性子線を世界中に噴霧しています。

ニュースは全部、デマまみれ。
本当のことなど、言うわけがない。
あれはどっかのスポンサーに言われて作った
悪質で陰湿な在日米ポチストーキング集団による
サイコホラーコメディーです。

カフカの「迷宮」は狂った日本の暴露本です。

 

この植民地は、
最後まで、何一つまともな事を
しませんでした!!!

間もなく外圧で
封鎖されます。

情けない終わり方でしたね!

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか