アホむき出し



「ホ」の危険は常識だった
セシウム
(朝日新聞1957年8月15日掲載)
58年前の漫画『サザエさん』
磯野波平さん、「セシウム137」を話題に。
あの頃の日本人は、放射能の危険を普通に話題にしていた。
日本人は、みなマトモだった。

ストロンチウム
サザエさんもフネさんも注意していたストロンチュウム(昭和33年)
いまの日本は ストロンチウムどころか中性子線にも不注意で無防備で、(福島を「応援」するために)汚染食品を積極的に食べる人までいる末期現象。

先日、東京で会った女性(4~5人)の凄まじい老化現象は、
「少年老いやすく…」どころか 「美人短命!」の様相だった。

神田うの(女優)の写真も 「美人は3日で老ける」症例だし。

爆笑問題・大田光も SMAP・中居正広も、病的に老化中。

「今回の原発事故で 死者が出ましたか?」などと“毒饅頭発言”をしていた勝間和代も声帯が侵されて声が出ない!奇病。

それよりも怖いのは…、
日本人の脳(認識力・判断力・思考力・危機察知能力)の劣化が、日毎に進んでいることだ。

「あれ? この人、逝っちゃってる!」 と思わざるをえないクルクルパーの激増! さらに、酒を呑んでもいないのにロレツがレロレロの人も増えている。

鷲はは最近、こんな文章を某所に書いた。
>最近、いったい何を言ってるのか?サパ~リ分からない!
>という人が増えた猫~。
>言語不明瞭、意味不明瞭。意図不明、動機不明。
>日本語になってない…。
>いよいよ壊れはじめたんだな~、日本人の脳味噌が。

あの小出裕章センセも、長野へ移住してのインタビューで、
「過去の核実験でのセシウムの量はフクシマノの60倍である」
と、福島のセシウムは大したことない!みたいな物言いに堕落。

あげくは、こうである。
福島の汚染水が太平洋全体に拡散してしまうなら、こういう言い方をするとまた皆さんから怒られるけれども、大して気にするほどのものではない。 (記事)
毒饅頭を2個(カネ饅頭と放射能饅頭)も食ったのでここまで脳が腐敗した! と言われるのも当然だろう。

小出裕章センセの脳が腐敗してしまったのは、仕方ないとして…、もっと絶望的なのは、死者の増大である。

日本中が葬式だらけ!になりつつあるのだ。

葬儀大国・ニッポン。この国の瓦解と崩壊は、来春だろう。
その切っ掛けは、首都機能の麻痺! これが引き金となる。
飯山 一郎


時代の正体<130>暴力むき出し
沖縄考 対立の島から(上)
 神奈川新聞
http://www.kanaloco.jp/article/106686

「権力者がその力を行使する場合、
民衆にばれないようにこっそりとするものだ。
沖縄では違う。
権力はむき出しだ。
隠そうとしない。
それは沖縄県民は下に思われているからだ」


ノエル君の拘留延期、差し入れまで





2:20~

自分たちはさ、人に
どうなんですかどうなんですかって
ガタガタガタガタ質問攻めするくせに

自分たちが質問されたときは
この態度だからね

凄いありさまだよ、これは

まずこれが報道真の真実です

8:00~

テレビに映ったくらいで
ガタガタ騒ぐのやめよ。
テレビは日本国内のものだから。

しかも記者クラブっていうので
規制されてね
情報統制されてる。

だから何一つ
何一つって言い方は変だけど
真実って言った意味の真実は
語られてない。

こういう事が本物だと思うんだけど。

どうですか、皆さん。

みんなね、大人になるにつれて
こういう事ができなくなるんでしょうね。

ジャーナリズムって
これくらいの事で



2015年6月28日 臨界炸裂ショー

福島第一 ライブカメラ 6月28日

火災に臨界に、炸裂映像を
お楽しみください。




どんなに隠したって

この国のアホと放射能は

もう・・・

隠せない(爆w)



コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか