プーチンがくるぞーーー


見出しで分かる国際政治
ジム・ロジャース
米国の大富豪で投資家のジム·ロジャーズ氏が語った。
「ロシア市場は現在、投資家にとって、『最も有望』である可能性がある」
(記事)
鷲も そう思う。ロシアは中国と組んで、世界をリードしてゆく。
そして、日本を救う国があるとしたら、それはロシアだ! これは、好き嫌いで言っているのではなく、客観的な推測だ。


鳩山由紀夫
3月初旬。鳩山由紀夫は、敢然としてロシア行きを強行した。
米国戦争屋の恫喝や日本国内の常軌を逸した非難を物ともせず、ロシアのクリミヤ併合は正当だ!と、頑と主張した。
(記事)
一人でも多くの日本国民が、放射能禍を逃れて、助かる道があるとすれば、それは、中国と組んだロシアに助けてもらう以外にない。
いま、ロシアと対等に渡り合える政治家は、鳩山由紀夫以外にはいない。鳩山由紀夫は、日本と日本国民の救世主になる!…鴨。


谷内正太郎
「ロシアのプーチン大統領閣下には、何としても年内の日本訪問を実現していただきたく、伏して(=土下座して)御願いを申し上げます」 てなコトを言いに、安倍晋三総理側近の谷内正太郎(国家安全保障局・局長)がロシアに行く。 (記事)
もちろん、谷内クンはプーチン大統領には会ってもらえないが、プーチンの代理人からは、「ホ」の問題についてのキツイ情報をもらうはずだ。

まだ漏らしてはいけない情報なのだろうが…、敢えて公開する。
27日、鳩山由紀夫・元総理の講演や鷲の口演が東京であるが…、この日、元総理は講演終了後、急遽北京に飛ぶ!という情報だ。

今月5日、麻生太郎・元総理が慌ただしく訪中した(記事)が…、27日は鳩山由紀夫・元総理の慌ただしい訪中だ。

何かが迫っているのだろう…、北京政府は今までの対日強硬策を急に引っ込めて、対日融和策を打ち出して来ている。

この中国の融和外交に焦った米国戦争屋は、「南シナ海での米中衝突は避けられない!」とまで言いだしている。 (記事)

米国戦争屋の焦りは、「このままだと日本が露・中の影響下に入る…」という懸念だ。

ここで、国際政治を長期的なスパンで語るが…、

日本列島に巣食った悪性の癌(フクイチのデブリ)と、癌もどき(50基の老朽化した原発)を、露・中の連合軍が取り除くことに成功したら…、日本列島は再度また元の美しく麗しい無限の価値をもつ海陸になる!

その暁(あかつき)…、日本民族は2000万人程度の貧しい少数民族に落ちぶれていて、日本列島の新たなる所有者は、東日本はロシア、西日本は中国、ということになる。

これは、米国にとっては絶対に許すことが出来ない事態である。

日本人は、いま、差し迫った危機も、目先のコトすらも、全く何も見えない!見えないことも全く理解できない!という認知症、いや痴呆症になって、日本列 島=絶滅収容所列島に閉じ込められているが…、国際社会は、とくにプーチンは、10年先・20年先を読んで、国家百年の大計を日々バージョンアップしてい る。

あ~うらやましい。うらめしい。うらみたいのは、ホホホのホ。
飯山 一郎



ロシア大統領府:安倍首相はプーチン大統領への訪日招待を確認した

© Sputnik/ Mikhail Klimentiev
日本
短縮 URL
372101
プーチン大統領と安倍首相が24日、電話会談した。安倍首相は、プーチン大統領への訪日招待と、経済協力への関心を確認した。
ロ シア大統領府報道部は、「安倍首相は、両国にとって適切な時期に、ロシア大統領を日本へ招待することを確認した。様々なレベルにおける一連の二国間会談 や、貿易経済に関する政府間委員会の会合の実施などを含め、この行事を綿密に準備することの重要性が強調された」と発表した。

またロシア大統領府報道部の声明では、「露日関係の重要テーマに関する意見交換の過程で、政治、経済、人道、および安全保障分野での協力の発展に、共通の関心があることが強調された」と述べられている。


人道という言葉を
差し込んできたところが
ミソ煮込みうどんw





稽古では妥協や譲歩も認めているが、
それはこの「道」に
外れない場合だけであろう。

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか