お国選びは人の自由



 

内容(「BOOK」データベースより)
江 戸時代初期、よりよい生活を求めて、生まれた村を離れた農民たちがいた。大名たちは大事な年貢を生み出す耕作者をより多く手元に置こうと、他領から来た者 は優遇し、去っていった者は他領主と交渉して取り戻すべく躍起になった。藩主と隠居した先代とが藩内で農民を取り合うことさえあった。「村に縛りつけられ た農民」という旧来のイメージを覆す彼ら「走り者」を通し、大名がどのように藩を切り盛りしたかみてみよう。



欧州の人々がロシアに援助を求める日がやってくるかもしれない

~中略~
カシュカ氏は、その理由として、ロシアは、欧州連合(EU)に加盟しておらず、EUの常軌を逸した人々の命令に従う義務をもたない、欧州最後の大国、そして強国だからだ(EUの常軌を逸した人々は、米国の他の愚か者たちの指示に従っている)、と指摘している。

カ シュカ氏は、(もしロシアが望むのであれば)、ロシアは大勢の人を受け入れるための十分な広さを持つ唯一の国であり、欧州から逃げてきた人々に追 随して発生する恐れのある無秩序状態から、自国の国民を守ることができる、十分に大規模で強い軍も有している、と強調している。

続きを読む http://jp.sputniknews.com/europe/20150619/474311.html#ixzz3dex1nV4D



ジム·ロジャーズ氏 「変化したロシア」への投資を勧める

「サ ンクトペテルブルグ国際経済フォーラム2015」に参加した、米国の大富豪で投資家のジム·ロジャーズ氏が、ラジオ「スプートニク」のインタビューに応じ た。ロジャーズ氏はインタビューで、ロシアや国際問題に関する自身の立場について語った。ロジャーズ氏の立場は、米政府の見解とは完全に異なっている。


日米合同委員会という
日本地区を私物化してきた連中によって
無法地帯汚染地帯児童虐待地帯になったヌッポンは
もう、住民皆殺しの奴隷人間トサツ場なのである。

ロシアに奴隷を盗られ発展させる前に
人体実験かねて、処分するつもりなのである。

人ははるか昔から、シルクロードで貿易交流があった。
人はどこに住んでもいいし、どこに行ってもいいのである。

江戸時代までは、百姓は自由に「国選び」をしていた。

そんなあったりまえの事を忘れさせられた
島国幽閉地区の、思考停止奴隷

これが現代の日本人である


目指せ!地球の1000年の平和へ!

プーチン親分と世界中の子分たちは
地球を救えるのかー?!

ハトポッポ鳩山アスホール太郎は、
デブリから中性子線蒸気モクモクのクライシスから
日本人を大救出、移民作戦を敢行できるのか?!

こうご期待♪


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか