ミッション1000とは

プーチンが汚職に警告シグナル
2013年4月16日 オリガ・ドロニナ, ロシアNOWへの特別寄稿
 
 ロシアの公人の汚職防止対策が、新たな段階に進んだ。国の指導者が個人的に、地方政府までのあらゆるレベルの役人の収入と支出について、申告書を要求することができるようになった。


役 人とその家族の収入申告書の提出は、2008年に義務化されていたが、2011年には「中央の役人」の範疇に、中央銀行、年金基金、義務医療・社会保険基 金、国営企業の幹部も加えられた。今年からは収入だけではなく、多額の支出についても申告しなければならなくなっている。また、国会議員などの政治家 も申告をしなければならない。

 ウラジーミル・プーチン大統領は、公人、その配偶者、その未成年の子供の、収入・支出申告書の提出手順を定めた2件の大統領令に署名をした。この書類は、すでに国会で採択済み、および審議中の、一連の反汚職法案の続きである。

公 人やその家族が、世帯収入の3年分以上の価格の土地、不動産、交通手段、証券などを取得した場合の特別書類の提出方法が、今年初めに発効した、国家公務員 の収入と支出の“釣り合い”に関する法律への追加要件として、定められている。今回の大統領令では、提出要請があった日から15日以内に、購入した物品の 資金の出所を示した申告書を、提出しなければならないとされている。

もっと読む:

http://jp.rbth.com/politics/2013/04/16/42481.html

海外逃亡中の汚職官僚の皆様へ、今だけ特別!
「自首」すれば減刑の特別キャンペーン
―中国メディア

配信日時:2014年10月12日(日) 17時6分

中 国公安部、最高人民法院、最高人民検察院、中国外交部は合同で「海外逃亡経済犯罪者の自首勧告に関する通告」を発表した。海外逃亡中の経済犯が12月1日 までに自首し、罪を認めて帰国を希望した場合、量刑を軽減するという内容だ。また被害者に経済的補償をした場合にはさらに減刑することも定めている。

中 国では「裸官」、すなわち汚職官僚が海外逃亡に備えて妻や子どもを海外に移住させる行為が横行するなど、官僚や国有企業高官の海外逃亡が多く、一般庶民の 政治不満の温床ともなっている。中国政府は海外逃亡犯の摘発を強化するキャンペーン「捜狐2014」を実施しているが、今回新たに自首を推奨する対策も盛 り込んだ。(翻訳・編集/KT)

http://www.recordchina.co.jp/a95570.html


天下泰平300年の江戸

これは褒め言葉じゃないのである

300年しかもたなかったという意味

天海の失敗である

天海は戦国の世から
天下泰平の江戸時代をスタートさせるときに、
何をしくじっていたのか?

千年の平和を目指す
ロシアと中国の「本気の汚職対策」を
これからヌッポンは
思い知らされる事に
なるであろうーーーー


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか