FC2ブログ

だから突然メルトダウンと言い出した

連続的な水蒸気爆発!

上の動画は、2015年3月20日の夜半の連続爆発の模様だ。
激烈な水蒸気爆発が連続的に発生している。
本格的な大爆発の前触れ的な状態と飯山一郎は考える。
さらに臨界状態が大規模になるからだ。
さらに大規模な臨界が発生する理由は、下の図で説明する。
ミニ太陽  ミニ太陽
百数十トンの溶融燃料塊(デブリ)が、地下深く沈んでいって岩盤に近づくと岩盤が、中性子反射板となって再臨界、地下水で水蒸気爆発して、最悪は激しい核分裂反応を引き起こし(核爆発し)、破局的な噴火になる。
http://www.economic-undertow.com/category/fukushima/

「技術大国・ニッポン」は、今頃になって…、
溶けた核燃料はどこだ 福島第1で始まった「透視実験」
などという知恵遅れチックな勉強会をはじめた。

「溶けた核燃料(デブリ)はどこだ?」 って、上の動画の連続的な水蒸気爆発を見れば、一瞬でデブリの現在位置が分かろう!と言うもんだ。

デブリは、地下200~500m辺りにある岩盤の上にある!
そこで、水蒸気爆発が連続的に発生している!それが上の動画だ。

岩盤の正確な深さは、福島大学か秋田大学の地質学の先生に訊けば、正確に教えてくれる。

しかし問題は、デブリの正確な位置などではない!

先ずは!
溶け落ちた核燃料(デブリ)が「ミニ太陽化」している現況の全体を把握することだ。この状況認識については、3年も前に書かれた文章がある。

 ・ 原発の地下に「ミニ太陽」が…
 ・
モリブデンとテクネチウム
 ・
トーデン・ウラン・ボーリング

現在、フクシマは水蒸気爆発が連続するなど、状況は「激烈化」している。デブリは、間違いなく臨界状態にある

大問題は、今後、100数十トン(合計400トン~500トン)ものデブリが、岩盤をくり貫き始め、団子状になって圧縮凝塊したときに何が起きるかだ。

溶け落ちた核燃料(デブリ)が岩盤の中で圧縮凝塊せず、平らに広がれば、日本は助かるのだが…。
飯山 一郎



当然、日本の支配者層は知っていた。

だから税金が
まだ日本円が生きているうちに
庶民にバレないうちに
海外にジャブジャブ流された。

マネロン横領。

自分たちのためだけの疎開リゾート建設。


アリスの警告の意味がわかってきた?

世界は外から、
狂った日本がどうなるか
怖いくらい冷静に、じっと見ている。

みんな、日本を見てるんだよ。
傍観。

↓↓↓


ヌッポンの国のアリス 2015
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-7107.html


もしもしカメよ~
カメさんよ~
世界のうちで
お前ほど~
歩みの鈍い~
ものはない~
どうしてそんなに
鈍いのか~




2011年すでにわかっていたメルトスルー。
この事実をまったく認識できない日本人庶民は
洗脳以前の問題。完全に脳がやられている。
特に、公務員。
どんなカルト教団もかなわない洗脳信者たちが国壊す。

↓↓↓



2011年07月08日(金) フライデー

メルトアウト「核燃料」地下水直撃の恐怖!
メルトスルーを超える最悪の事態
東電はこの可能性を隠していないか!

img_d5e5f381b11a5ed8bf5b911fb85f5268109419.jpg

  6月7日に公開した国際原子力機関(IAEA)への報告書で、政府は1~3号機で「溶融貫通」している可能性を認めた。これは、炉心溶融(メルトダウン) した核燃料が、原子炉圧力容器を突き抜け、さらに外側の格納容器にまで流れ落ちてしまう「メルトスルー」という状態だ(右の図参照)。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/11152?page=2







コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか