言論弾圧と不当な強制家宅捜索


2014年10月24日、私は函館警察署から強制家宅捜索を受けました。

私が記事に「嘘を書いた事による名誉棄損」ということです。
全くの事実無根の言いがかりのでっち上げで虚偽告訴です。
私は名誉棄損など断じて犯していません。

あげく、私への殺害予告ともとれる曖昧なもので、
告訴人に対しての殺害予告教唆の言いがかりまで加味されているようです。

私は、こんな状態の日本を愁い、
公共の福祉、福島と汚染地区の子供を
日本人として守るため
憲法で守られているはずの言論活動をしてきました。

こんな不当な捜査はありえません。


私の著書「発酵マニアの天然工房」は
強制家宅捜索の数日前より今に至るまで
ずっと発禁状態にあります。

これは、天然の発酵料理と、天然の乳酸菌の活用術の広まりを
封じ込めるための国策捜査に他ならないと思っています。

このような理不尽な所業は、断じて許しません。

よって、私は、私にできる義務と責任を
果たすつもりです。


ちまたでは、ブログの閉鎖や記事の削除など
言論弾圧騒動が頻繁しています。
公権力の乱用です。
世も末です。

でも、一人一人が、自分の義務と責任は何であるか、
考えるきっかけになれば、きっと日本は変わります。

みなさん、そう思いませんか?


「発酵マニアの天然工房」 著者 きのこ

2015年2月24日

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか