危険なパン

素材こだわるプレミアム食パン活況 大手が相次ぎ商品投入、競争激化へ
SankeiBiz 9月11日(水)8時15分配信

敷島製パンが10月1日に発売する「超熟ライ麦入り」=10日、東京都千代田区(写真:フジサンケイビジネスアイ)
 素材にこだわったプレミアム食パンの市場が活気づいている。敷島製パンは10日、「超熟シリーズ」にライ麦を使った最高価格の新商品を10月に発売すると発表した。先陣を切ったセブン&アイ・ホールディングスの自主企画(プライベートブランド=PB)商品の「セブンゴールド 金の食パン」(4月発売)は、販売好調を受け今月末に異例の早さでの商品刷新する。山崎製パンも9月に素材にこだわった高付加価値食パンを発売した。市場は競争激化の様相を呈してきた。

 敷島製パンの新商品「超熟ライ麦入り」は、小麦よりビタミンやミネラル、食物繊維が多く含まれるライ麦を採用したのが特徴だ。「健康食パン」のイメージを前面に出すことで、健康を気にするシニア世代への拡販も狙う。

 素材などにこだわったことで、価格は通常の超熟より約20円高い231円に設定。月間約2億3000万円の売り上げを目指す。同社の根本力執行役員は「(今後はさらなる)高付加価値食パンを発売したいと思っている」と、プレミアム食パン市場開拓に意欲を見せる。

 また、最大手の山崎製パンは今月、2枚入りで価格が125円のコンビニエンスストア向け食パン「ユアクイーンゴールド」を発売。小麦粉に特等粉を使い、独自の発酵技術でふっくらとした食感に仕上げた。

 先行するセブンの金の食パンは250円と通常の食パンより100円高いが、発売から4カ月で1500万食を売り上げる異例の大ヒット。この好調を受け、今月末にはさらに素材などにこだわった刷新を実施する。人気商品の発売5カ月での刷新は珍しいが「消費者を飽きさせない工夫を取り入れることで、さらなる需要を開拓したい」(同社)と話す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130910-00000003-fsi-bus_all&1378854900



コメは放射能まみれ 麦はカビまみれ
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-5064.html

遺伝子組み換え醗酵菌に、殺人菌がまじってる
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-5065.html

天然酵母のパンを作っている人なら
スーパーの市販のパンが
いかに「自然ではありえない」か、
わかるよねーーー?

第一、臭い。
あの異臭がわからない日本人は、
鼻も味覚も、壊れてる。

コメント

No title

>ゆかさま

基本、転載自由っす。

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか