FC2ブログ

アホ朝日 ムルシ・ムスリム同胞団はテロ組織ぢゃ




ロシアのテレビ局ジャーナリスト エジプトで襲われる

タグ: アフリカ, エジプト, 記事一覧, 国際, 社会・歴史
15.08.2013, 12:49
テレビ局「ロシア24」の撮影隊はエジプトで武装集団の襲撃に遭った。本日、同テレビ局が報じた。それによれば、ロシア人ジャーナリストらが乗った車が何物かによって行く手を阻まれたという。
エジプトでは昨日、暴動で3名のジャーナリストが死亡している。 ロシアのマスコミ


エジプト 非常事態宣言

タグ: 政治, アフリカ, エジプト, デモ, 解説, 国際
アルチョーム コーブジェフ
15.08.2013, 14:50
昨日、エジプトの首都カイロでは、ムハメド・ムルシ前大統領を支持する「ムスリム同胞団」などの陣営が警察および軍隊によって取り壊され、新たな混乱状況が生まれている。それをうけて全国では1ヶ月の非常事態が宣言されたほか、カイロなどの数都市では夜間外出禁止令が出ている。
ムルシ前大統領を支持する勢力を追い払うのは、まさに武力衝突の様子を呈した。目撃者らによれば、両者とも火器を使用したとのことで、死傷者が続出した。かつて「ムスリム同胞団」の幹部であり、有名なエジプト人作家のサルワト・アル=ヘルバヴィ氏はVOR「ロシアの声」に対して、政府の対応は仕方のないものだったと述べている。 -「ムスリム同胞団」の組織構造および欧米諸国の情報機関とのつながりを考えれば、いつでも戦争を起こすことの出来る秘密の軍隊だということが分かります。この場合、カイロの広場が前線となりました。それはほとんど前線基地とも言うべきもので、歩哨も交代でついていました。戦場の兵士に対してのようなスローガンが叫ばれていました。そこの人々は戦闘に備えていたのです。それは放っておけばどんどんと拡大していたはずです。ですから、政府にとってはそれを破壊するという選択肢しかなかったのです。


エジプト暫定政府、「ムスリム同胞団」の活動禁止を検討

タグ: 政治, アフリカ, エジプト, 記事一覧, 国際
17.08.2013, 17:00
エジプト政権はムルシ前大統領の支持母体である「ムスリム同胞団」の活動を禁止する可能性を検討している。17日、シャウキ政府報道官の声明を引用して地元マスコミが伝えた。
同胞団は政権との和解を拒み、大規模な反体制行動を展開しており、その鎮圧に際して多数の犠牲者が出ている。報道官は同団の活動禁止の発案が暫定政府のビブラーウィ首相から出されていることを明らかにした。 リアノーボスチ通信


エジプト 一昼夜で千人以上拘束

タグ: 政治, アフリカ, エジプト, デモ, 記事一覧, 国際
17.08.2013, 09:29
エジプト内務省は「この一昼夜で拘束された『ムスリム同胞団』のメンバーの数は1004人に達した」と伝えた。なおそのうち、首都カイロで拘束されたのは558人だった。
「ムスリム同胞団」は、16日の金曜日を「怒りの日」と宣言し、支持者達に、「同胞団」への武力弾圧政策をとる軍当局への抗議の印として「百万人行進」に参加するよう呼びかけた。なおこれに対し、警察側は「法に反した行動は厳しく阻止する」と警告していた。 しかしそうした警告にもかかわらず、エジプト諸都市の街頭には何千人もの抗議行動参加者が繰り出し、首都カイロや一連の都市では、デモ隊と治安部隊との間で激しい衝突が展開された。治安部隊側は、催涙ガスのほか実弾も使用、一方デモ隊側も火器を使用した。


カイロ、イスラム主義者ら、遺体安置の回教寺院に立てこもり

タグ: 政治, アフリカ, エジプト, 記事一覧, 国際
17.08.2013, 16:46
エジプトのカイロでは市の中心部で騒ぎを起こしていた約1千人の イスラム主義者らが16日夜、イスラム教寺院アル・ ファトフに逃げ込んだ。寺院内には仮設の死体安置所が設置され、 騒乱で犠牲となった数十人の死体が運び込まれていた。 軍部は深夜同寺院に襲撃をかけたが成功せず、 立てこもった市民に解散するよう説得を始めた。
17日、 同寺院ではイスラム主義者らと治安維持部隊の激しい抗争が行われ た。寺院に立てこもったムルシ前大統領支持派は、 逮捕しないという政権側の約束を信用せず、 立てこもりを続けたため、深夜、軍部は襲撃をかけたが、 寺院を解放することはできなかった。 エジプトのマスコミによれば、 朝には軍部は寺院内部に入ったものの、暴力行為は行っていない。 一方でイスラエルのマスコミは、 寺院に入った軍部は手榴弾を投げ、催涙ガスを発射したため、 中にいた数百人は表に出ざるを得なくなったと報じている。 双方とも銃を使用したとして互いを非難している。現在、 これによる犠牲者の数は明らかにされていない。


トップレス対セックス・ジハード

タグ: 記事一覧, 国際, 社会・歴史
5.04.2013, 17:24
チュニジア政府と国際人権団体は戦々恐々である。シリアを訪れて「無信仰との戦い」の名において蜂起軍を支援せよ、とのファトワー(宗教的訓令)が、海外に住まうムスリムの精神的指導者らから発せられた。少女たちはシリア反政府派にサービスを施す「セックス・ジハード」への参加を呼びかけられている。
ファトワーは効力を発揮した。チュニジアだけでも「セックス・ジハード」には13人の少女が駆けつけた。 チュニジア政府は住民に対し、「セックス・ジハード」の呼びかけを神のお告げであるかのように真剣にとることはない、と呼びかけている。


朝日の記者は、イスラエルCIA内乱パシリかっ?!
それとも、真性のアホなのかっ?!

なーにがアラブの春ぢゃ!
市民革命という名のテロ!
小泉の構造改革テロとクリソツぢゃ!
市民の味方は悪の枢軸!






↑ボストンテロと似てないか?w

追記




マケイン米上院議員ってカダフィ暗殺に関与したイスラエルロビイストだが。
ネトウヨフィフィさん。お里がもろばれでっせ。
http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20111219/1324254867

プーチン首相 マッケイン米議員の脅迫はロシア向け

タグ: 政治, リビア, プーチン, ウラジーミル・プーチン, 国内, 記事一覧
15.12.2011, 14:01
ロシアのウラジーミル・プーチン首相は、アメリカのジョン・マッケイン上院議員の脅迫は自身に向けられたものではなく、ロシアに向けられたものだとの考えを明らかにした。マッケイン議員が10月、ロシアをリビアにたとえ、カダフィ氏の死はプーチン氏を心配させるものだ、とする声明を発表したことについて、「これは私個人にではなく、ロシアに向けられたものだ。ロシアが世界制覇を邪魔しないよう追い込みたいと望む勢力がいる。」と述べている。
 プーチン氏は西側諸国が今に至るまで、ロシアの核ポテンシャルを恐れている、とした上で、「ミスター・マッケインはベトナムで戦った人物だということはよく知られている。彼の手は多くの民間人の血で染められている。カダフィ氏が血だらけになり殺害されたという恐ろしい映像が世界中で流れたことは、マッケイン氏にとってはおそらく心地よいものであり、そのような悲惨な映像なくして彼は生きていけないのだろう。それが民主主義と言えるのだろうか。」と述べている。 プーチン氏は、リビア問題は平和的手段で解決すべきだった、としている。





エジプト軍は妥協しない

タグ: 政治, アフリカ, エジプト, アラブ連盟, 解説, 国際
アンドレイ フェジャーシン
19.08.2013, 14:56
アラブ諸国連盟がエジプト情勢に関する緊急会議を準備している。今週中の開催が見込まれる。アラブ諸国連盟がどちらの側に立つのかは明らかである。新政権の側である。ほぼ全てのアラブ国家が支持を表明。中にはサウジアラビア、クウェート、UAEも含まれる。
騒乱を引き起こしている「ムスリム同胞団」は、その重要なスポンサー国であるカタールにおいても、すでに拒絶されている。カタールのハリド・アル=アッティヤ外相は、「これまでにエジプト向けに組まれた財政支援は残りなく政権の支援に用いられる、『同胞団』には一銭も与えられない」と述べている。 「同胞団」は早晩、エジプトにおいて、非合法な存在になる可能性がある。暫定政権のハゼム・アル=バブラウイ首相によれば、政府は「同胞団」の完全な活動停止を命ずることを検討しているという。「血塗られた腕をもつものと妥協することは不可能」と首相。


エジプト「ムスリム同胞団」トップを拘束

タグ: 政治, アフリカ, エジプト, 記事一覧, 国際
20.08.2013, 10:04
エジプトの「ムスリム同胞団」の精神的指導者であるモハメド・バディア氏が、19日から20日にかけての深夜、首都カイロで治安部隊により拘束された。地元マスメディアが、治安機関筋の情報を引用して伝えた。
これに先立ち18日カイロでの「同胞団」支持者と治安機関との間の衝突で、バディア氏の息子が亡くなっている。 エジプト当局は、先週続いた流血の出来事のあと「ムスリム同胞団」指導部のメンバーを含め、活発に活動する抗議行動参加者らの一連の逮捕を続けている。

マケインてこんなやつ↓

尖閣、日本の立場支持=「中国に対話促す」-マケイン氏

 小野寺五典防衛相は21日午前、米共和党のマケイン上院議員と防衛省で会談し、沖縄県・尖閣諸島周辺での中国の挑発行為を非難した米上院決議に謝意を表明した。マケイン氏は「上院の私の同僚は日本の立場を支持すると確信している。この後の訪中で、対話と交渉をもって問題解決に臨むよう説得したい」と述べた。

ウラジオストクは「中国固有の領土」か=始まった極東奪還闘争

 防衛相は、尖閣をめぐる日本の対応について「自制的に警戒監視をしていきたい。中国側には事故回避のためのホットライン開設を申し入れている」と説明。マケイン氏は「尖閣周辺で中国艦船の侵入回数が大幅に増えており、平和的解決に一切貢献していない」と語り、中国側への不満を示した。 
 マケイン氏はまた、在沖縄海兵隊のグアム移転を含む米軍再編に触れて「日本国民、日米関係にとって重要な問題だ」と指摘。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設について、計画通り進めるよう求めた。
 マケイン氏はこの後、首相官邸で安倍晋三首相とも会談。首相は「日米同盟関係(強化への)尽力に感謝している」と表明し、マケイン氏は「首相のリーダーシップに敬意を表したい」と述べた。(2013/08/21-13:37)

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201308/2013082100043&g=pol


同胞団メンバーの釈放求める エジプト訪問の米上院議員

 【カイロ=杉崎慎弥】混乱が続くエジプトを訪れている米共和党のマケイン、グラハム両上院議員は6日、エジプト暫定政権と協議し、拘束されているムスリム同胞団のメンバーの釈放を求めた。地元メディアなどが伝えた。政権側に譲歩を働きかけ、対話を通じた事態打開を促す狙いがあると見られる。

 マケイン氏らはこの日、シーシ国防相・副首相やエルバラダイ副大統領、同胞団系の自由公正党関係者と相次いで会談。国全体での対話や、ムルシ前大統領支持派に対する強制排除などを回避する対策づくりを話し合ったという。

 マケイン氏は会談後の会見で「(ムルシ氏の)排除はクーデターだった」とし、同胞団メンバーの釈放が必要との認識を示した。グラハム氏も「現在、責任がある人たちは選挙で選出されておらず、現状維持は受け入れられない」と述べた。

http://www.asahi.com/international/update/0807/TKY201308070073.html

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか