FC2ブログ

ヤップ島がグローバル企業に丸ごとのっとられるぅ

ヤップ島に中国資本
大開発始めるワケ

2012年05月11日(Fri)  谷口智彦 (慶應義塾大学大学院SDM研究科特別招聘教授)

--------------------------------------------------------------------------------

ヤップ島と聞くと大戦中日本軍が展開していたのを思い出す。今はダイバー天国だとか、行くにはグアムで乗り継ぎ1時間半ほど飛ぶ。

 石を貨幣として使ったことでも知られる約100平方キロの平和な島が、じき姿を一変させる。中国企業が一大リゾートとして開発するからだ。

中国人の中国人による
中国人のための開発

 四川省成都市に本社を置く「会展旅游集団(Exhibition & Travel Group=ETG)」が中国側主体で、会長の鄧鴻氏がヤップへ行き、今年1月12日に地元代表と覚書を交わした。

 報道によれば計画はゴルフコースを15もつくったうえカジノを複数開き、ホテルを10棟建てようとするものだ。合計室数は当初4000、将来棟数を増し2万室にする意向もある。

 覚書は島の伝統や自然を守るよう定めた項目を含むものの、冒頭の2項でETGが「フル・スケール」の開発を実施できること、地元はそれを最大限支えるべきことを明記している。

 順調に運んだ場合、小豆島より小さいヤップ島は、計画第一期が終わる2015年頃までに姿形をすっかり変貌させていることだろう。

 鄧鴻氏は飛行場を拡げ、日本や韓国からの直行便を受け入れたいようだが、一島丸々借り上げるに等しい事業の採算は、中国人が大挙来るのを当てにしたものに違いない。グアムと違ってヤップでなら、中国人は初めから一番客になれる。中国人の中国人による、中国人のための開発となるだろう。

 鄧鴻氏はランボルギーニなど高級車の収集が有名な富豪で、長者番付の常連である。米国紙の取材で「友人と政治のどちらを取るか」聞かれ、政治(=党)だと躊躇なく答えたことがある。数百億円は下らないという個人資産を築くに当たっては、党との密接な関係を随所で役立てただろう。

 鄧鴻氏は03年、四川省アバ・チベット族チャン族自治州の森を切り開き、インターコンチネンタル・ホテルを誘致した。現在はチベット仏教の聖地ラサに一大ホテルをやはりインターコンチネンタルと組んで建設中だ。前者はユネスコ世界自然遺産の指定を受けた地域を劣化させかねない一角での事業、後者はチベットの世俗化・漢族化を象徴する企画で、いずれも北京の意向を暗黙裡に体して動いたと見る方がむしろ自然だ。

img_33e1faaa36ec9f2ef6f7354540c9a487112445.jpg

第2列島線上に位置するヤップ島

 ヤップ島だけではない。鄧鴻氏はサモアとも覚書を手交済で、ホテル建設に乗り出す。中国の影響力浸透が著しいフィジーは、中国と南米を結ぶ航路の中間点に当たり海軍寄港地として好適だ(本欄10年11月号)。やや東北東にあるサモアにも同じ意義があろう。翻ってヤップは中国が言う「第2列島線」上、真珠湾からフィリピンに向かう米海軍を牽制し得る位置にある。だからこそ戦時中、帝国海軍は近くのトラック環礁を泊地とした。


 どうやら中国が望む西太平洋分割の方法論が透けて見えだした。手つかずに等しい小島嶼国に民間を装う資本を大量投下し、中国人滞在人口を増やした後、やおら政治・軍事的浸透を図る戦略か。その関心は、戦前日本に属し、今米国の保護下にあるいわゆる南洋諸島をひとつの焦点とする。

 ヤップ島が属すミクロネシア連邦は独立国で、大統領は日系のエマニュエル・モリ氏。「冒険ダン吉」のモデルとされる高知出身・森小弁の曾孫だ。さりとて日本には時々会議を開いて氏らを呼び(今年はその「島サミット」開催年)、限られた援助を与えるくらいしかできない。米国も、保護国としながら管轄を国務省でなく国立公園などと同様内務省に任せて今まで来た。

 弱いところを中国はうまく衝いた。ヤップには独立気運がある。実現でもした日には、北京が真っ先に承認することだろう。

◆WEDGE2012年5月号より

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1859?page=1

大統領との会見

小さな雲のかたまりがヤップ上空を通過中のため、朝から照ったり、降ったり、曇ったりというお天気の一日だった。最近、本業のほうはちーっとも忙しくなくて(苦笑)、お天気もあまり気にならないのだけれど、例の中国資本のヤップ開発計画の件で、わたし自身はけっこう忙しく過ごしている。

http://suyap.exblog.jp/17206333/


ヤップでリゾート開発?
中国がのっとり?
なになに?

とりあえず、計画図から見て
どんなことするんか、
検索けんさくーー

けんさくーけん・・さ・・・

でてこえへん!
なんじゃい!
調べられへんやん!と思ったら

なんと、計画図無しで、
字だけの文書で、
島民に合意せいと
言ってるらしぃーーー

ありえへん!!!
そんなん、聞いたことないわい!

字だけの内容でいくと
島をまるごと敷地にして、
ゴルフ場ホテル病院カジノハーバーあれこれ

ヤップ夢のミクロネシアリゾートアイランド♪
のような形相で

島民はそのリゾートアイランドの、
隙間に住め、いうことらしい

タヒチとかバリとか
西洋かぶれ観光客に食われ、
原住民が従業員化してますな

沖縄もそうですよー
住民は虐げられて、
グローバルウンコ企業が、
大きなつらでかっぽしてます

ゴキブリの繁殖かよ!

住民はよー考えなあかんで
日本では田分け者ゆーて、
土地を他人に売ったらあかん、ゆーねん

土地さえ大事にすれば、恵みはあるけど
売ってしもたら、未来はないねん

お金なんて今だけやで

お金と交換したら、
木も草も抜かれて、
生態系は破壊されて
輸入品にたよらな
生きていけん死んだ島になるでーーー

騙されたらあかんでーーー

コメント

ありがと!

きのこちゃん、どーも!
「たわけもの」が「田分け者」ということから始まってたなんで、知りませんでした。これこそタワケモノがあ...

考えて見れば、ヤップもニホンもアイランダー、文化的つーか、暮らし向きつーか、自己完結的なマイクロコスモスな生き方の根はかなり近いんです。それで父祖伝来の土地を失うと、良い例がフィリピンの有様。スペイン>メリケンと植民者に食い荒らされ、その後、分限者がのさばり、もともと半農半漁で自立していた一般ピープルは大都市のゴミの山スラムに暮らすか、外国へ出稼ぎに行く羽目に。旅する側も、リゾートだのなんだの浮かれる前に、どういうところで誰にどういうサービスを受けているのか、払った金がどこに行くのか、考えてもらえたらなあ。

こうやって中国のデベロッパーが開発して、やってくるのは国際ホテル・コンツエルン、このデベロッパーとよく組んでいるのはインターコンチネンタル・ホテルです。そうして現地を蹴散らして、おっきいホテルがおったてられてるんですね。

第二弾!

きのこちゃん、
計画図っつうか、夢想図(いや詐欺図やな)みたいなんが出回っとるから、それの一部をアプしました。笑うてやってけれ:
http://suyap.exblog.jp/17219576/

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか