在日米軍「残留」 維新の衆院選公約案

2045年までに在日米軍「全廃」 維新の衆院選公約案
産経新聞 10月26日(金)12時16分配信

 新党「日本維新の会」(代表・橋下徹大阪市長)の次期衆院選に向けた選挙公約案が26日、わかった。終戦から100年にあたる2045(平成57)年を目標に「外国軍の国内駐留を全廃し、国土と国民を自力で守る」と記し、沖縄県をはじめとする在日米軍の全廃を盛り込んだ。

 公約案では、「国家の独立」について(1)独自の国防軍の編成(2)強制通用力を持つ独自通貨の発行(3)徴税-を満たすことで成り立つ、と定義した。在日米軍全廃は「独自の国防軍編成」の実現に必要とした。

 一方、橋下氏が沖縄県名護市辺野古以外に「良いアイデアがない」としていた米国普天間飛行場(同県宜野湾市)移設については触れなかった。

 「強制通用力」を持つ独自通貨発行策として、アジア通貨統合や新たな国際通貨制度のルール設定を日本政府が主導していくことを盛り込んだ。

 橋下氏の発言で物議を醸した島根県・竹島、沖縄県・尖閣諸島や北方領土の対応については「国際法上、いずれもわが国固有の領土であることは疑いの余地がなく、一切の妥協を排する」と記した。

 当初、竹島の「共同管理」について「現行の日韓漁業協定により設定されている暫定水域での共同管理の現状を踏まえ、慎重に検討する」としていたが、25日の国会議員団会議までの過程で削除された。ただ、橋下氏が最終判断するため、さらに加筆・修正されることが予想される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121026-00000541-san-pol

33年後まで在日米軍残留!

33年たったら「33年前の約束なぞしらん」という。

そういうこっちゃ


産経新聞は頭が残念な社員しか
いないようでwww

コメント

2045年までに在日米軍完全撤退なら・・・

ハシシタの言いたいことは、
2045年までに、この日本は朝鮮人の占領国家になっていると、言ってるようなもんです(--;

ハシシタがアミテージとサシで『2015年までに在日米軍完全撤退』と言って日米合意文書作成したら、少しは信じてアゲルけどね(--;
ただ・・・口先弁護士だから、文書などは作れんか?・・・・・(--;

沖縄県民は判っています。

はい、沖縄県民は、政府や、基地外官僚共の、基地外企みは総てお見通しです。
一部、買収された連中が障害では有りますが。
糞馬鹿下地幹夫国民新党議員が筆頭。
普天間のオスプレイ騒動は、その内に手の付けられない位まで燃え上がりますよ。
放火魔のヨシが沖縄からのリポートでした。

コイツの大風呂敷はおなじみの物だからほっといて興味が涌いたのは
33年後
ってフレーズ、これで奴の意図が解ってきた気がします。

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか