あら、他殺?w



<映画監督>重傷の若松孝二さん死去 タクシーにはねられ

毎日新聞 10月18日(木)0時57分配信

映画監督の若松孝二さん


 東京都新宿区で12日夜にタクシーにはねられ重傷を負っていた映画監督の若松孝二さん(76)が17日夜、搬送先の病院で亡くなったことが警視庁四谷署への取材で分かった。
 同署によると、若松さんは12日午後10時15分ごろ、同区内藤町の都道を横断していたところ、左側から来たタクシーにはねられた。腰などを強く打って都内の病院に搬送されたが、意識などははっきりしていたという。しかしその後、容体が急変し、17日午後11時5分に亡くなった。【黒田阿紗子】

     ◇

 宮城県生まれ。テレビ映画助監督を経て63年、ピンク映画「甘い罠」で監督デビュー。低予算の自主製作で反体制的な主張を込めた前衛的なピンク映画を量産し、学生運動の盛り上がりとあいまって若者の支持を得た。ベルリン国際映画祭に出品され、「国辱」と評された「壁の中の秘事」(65年)や、連合赤軍を追ったドキュメンタリー「赤軍--PFLP・世界戦争宣言」(71年)、わいせつ論争を引き起こした大島渚監督の「愛のコリーダ」の製作を務めるなど、国内外からの評価を高めた。実際の事件を題材にした内田裕也さん主演の「水のないプール」(82年)などで知名度を高め、一般映画にも進出、「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」(08年)などが知られる。

 「創作の原点は怒り」と常々口にし、近年も社会批判をこめた作品を積極的に発表。戦争で四肢をなくした兵士とその妻を描いた「キャタピラー」(10年)はベルリン国際映画祭に出品され、主演の寺島しのぶさんが女優賞を受賞。「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」(12年)が話題となり、中上健次の小説を映画化した「千年の愉楽」も公開を控えていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121018-00000003-mai-soci

ただの交通事故死じゃないじゃんw

コメント

No title

たぶん、今までだったら、スルーしてたけど、
きのこ菌に感染してしまったから、
このニュースを見たときに、『殺された?』って思いました~
たてつく人がまた一人いなくなってしまいました。。。残念。。。

興味深い人物三島由紀夫

福島第一原発事故では蝉のしょんべん作戦しか出来なかった自衛隊
3月14日深夜、現地対策本部と共に60kmも離れた福島県庁まで逃げた自衛隊
これを知ったらさらに嘆くでしょうね三島由紀夫は

三 島 由 紀 夫 演 説 文
http://www.geocities.jp/kyoketu/61051.html

カルト撲滅さん

>逃げた自衛隊

役所丸ごと、安全なところに退避した市町村もあったはず。
公務員も逃げたんだよね。
しかし、被災地に向けて支援に向かった他市町村公務員の決死隊のような姿もありました。


三島由紀夫は、既に見抜いていたのかもしれませんね、元来の日本人が壊れつつあることを。
倉本聡の『歸國』(きこく)を思い出します。

>意識などははっきりしていたという。しかしその後、容体が急変し
この部分がえらく気になります(p_-)
  レデースおばば探偵団を結成しようじゃないか!!なんてね笑

こはくさん、はじめまして

>三島由紀夫は、既に見抜いていたのかもしれませんね、元来の日本人が壊れつつあることを

仰る通りですね。三島由紀夫は人生最後の演説、人生最後の叫びを自衛隊員に向けてやったのですがこれはむしろ日本人全体への叫びだったのだろうとおもいます。
「お前ら本当に大切な物がわかっているのか?」「おまえら何をやらなければいけないのかわかっているのか?」と
三島由紀夫は、その演説の中で「その日本の歪みを正すのが自衞隊」と言っているのですがこれは自衛隊に特別期待する何かがあったのでしょうね。

No title

えげつなーーー
この映画、大阪で人がわんさかくるような映画館では
公開されてなかったしー。
いろいろ何をするのも命がけやな・・・
テレビで流れない分、勉強になっとるのにーー

>レデースおばば探偵団を結成しようじゃないか!!

狙われたらさいご・・・
CIAもびっくり最強おばばぐんだんww

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか