FC2ブログ

膨大なボツ

初めてだからなのか、
何回やってもこういうやつなのか、

ボツった原稿もイラスト用参考図案も、
じつは、膨大

きのこちゃん、まじオタクやな、とw


削って精査して構成しなおして。

あぁ、編集さん、おつかれさん、やw

子供にもわかるように、という注文を、

最後までやりぬいてくれたNさんに、

読者カードに一筆よろしくw

「Mめ!」とかwwwwwww

コメント

No title

内緒様

全然OKですw
ありがとうございますw

私が怒ってるのは、目次の小見出し、
料理名も全部書かれたからです。
これおかしくないですか、とタレコミ多数だったし。

普通に宣伝はありがたい事なので、
宜しくお願いいたしますー。

サバイバルゲーム?!

福一はどうなってしまうのだろう。

広瀬隆氏 「福島第一原発に末期的事故の予感 人生最後の事態も」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120229-00000307-sasahi-pol

来た来た来た北ーー  南から来た

頼んでた本が来た。
宅急便屋さんの車で。
豆の絵の本。

bk1で購入しましたが、まだありそうです。
直筆サインとブロマイドくださいw

4でます

お姐さん、こんばんは。舎弟やなくレディース族って素敵!p.131の後ろ姿は妙にリアル(^^;)

乳酸菌ちゃん、ゆるキャラとしてデビューしてほしなぁ~ヽ(^^)

お姐さんは普段もポンパドールですか?私は「きのこ」って名前が心配です。核種を吸収しやすいから、、、名は体を現すって言うし、。。。

No title

内緒様

ありがとうございます。
宣伝してくださるのに、
わざわざ確認をとらなくていいですよーw

怒ってるから気を使ってくださる?
びくびくしてる?人が多いですが、
私じゃなくても誰でも怒るだろー!という、
そういう類だったからですw

宜しくお願いいたしますー。

No title

今、近くのロ-ソンに受取りに行ってきた。

取り急ぎパラパラと見てます。
カワイイ~! イラスト、写真がいっぱいで読みやすそう。
楽しみですv-238
一冊の本が出来るまでは大変なのね~!
みなさま、ごくろうさまでした。

No title

Nさん宛てにそんな読書カードが殺到したら・・
卒倒しちゃうよw
きゃ~もっと~きゃ~w
・・・
これ、我が息子だわw





No title

NさんはMです

読者カードに埋もれるのが大好き な、ことでしょう

読者カード バンバン送ってあげましょう~!



ふくいちセシウム放出量 4京ベクレル

気象庁気象研究所が発表。
従来発表の2倍。

セシウム放出4京ベクレル 従来推計の2倍 気象研
2012年2月29日11時47分
東京電力福島第一原子力発電所の事故によって大気中に放出された放射性セシウムの総量は、最大約4京(けい)ベクレル(京は兆の1万倍)に上るという試算結果を気象庁気象研究所などがまとめ、28日公表した。

 旧ソ連のチェルノブイリ原発事故での放出量の約2割に相当し、従来の国内外の機関による推計値の約2倍だ。今回は北太平洋79地点で採った海水の放射能の実測値をもとに計算したのが特徴で、これまでの試算に比べ、より実態に近いと期待される。

 原発事故で放出された放射性物質の3割は陸、7割は海に広がったとされる。そのため、海のデータを考慮しないと、正確な放出量を試算することは難しい。
気象研の青山道夫主任研究官らは昨年4~5月時点の海水のセシウム濃度を測定。これをもとに、大気や海洋での拡散モデルを用いて原発から大気中への放出量を計算したところ、セシウムの総量は3京~4京ベクレルとなった。

 このほか、このうちの約7割にあたる大気から海への降下分と、東京電力が原発から海に放出した汚染水の放射能を合わせると、推定約2.4京~3京ベクレルが海に流出したと推定された。

 セシウム137の大気への放出量(1.5京~2京ベクレル)で比較すると、日本原子力研究開発機構の値は0.88京ベクレル。国内外の研究者が出したデータは0.7京~3.5京ベクレルとばらついていた。

 研究結果は茨城県つくば市内で開かれている「環境放射能」研究会で発表された。(岡崎明子)
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201202280824.html

民間事故調

アメリカ、盗電、官僚任命 真実変造ゴロ巻き隊

に名称を変更しろ。

元検事総長らの民間事故調と名乗る
紐付きのピエロが、ふくいち核爆発の原因は、
原発反対派にあったと表明した。

事業者が事故対策を取れば、反対派が訴える安全性への疑念を肯定することになる。それを否定するため、ムラは「原発の絶対的な安全性」を唱え、事故想定を許さない環境ができたと、報告書は説明。「原理原則に基づくイデオロギー的反対派の存在が『安全神話』を強化する土壌を提供した」と指摘した。
http://backupurl.com/8v31hy

井伊泰萌代様

原子力情報資料室2月号に古川名大名誉教授の
気象研に関する記事が掲載されています。
それによりますと、突然研究費が打ち切られ
大事な時期に調査が打ち切られてしまったと。
研究費が復活したときはとき既に遅し。
何から何まで真っ暗闇です。

No title

将門さま

コメント転載させてくださいませ。

ren様

okです。

原子力資料情報室452号P6~p7
「気象研の環境放射能をめぐ問題」
朝日新聞連載記事を読んで

項目は、
突然の研究費打ち切り
研究成果の論文発表を中止?
学会における口頭発表の中止など
遅すぎた研究費の復活

ちなみに、昨年福一原発事故後古川先生の携帯にお電話させていただいて、
今回の事故に関する放射能汚染全般について教えていただきました。
ここでは省かせていただきますが、やはり深刻な問題です。

是非読んでいただきたい本があります。
『放射能はなぜこわい』生命学の視点から柳沢桂子著 地湧社
わかりやすく人体に及ぼす影響を遺伝子サイドで述べられています。
遺伝子の切断、それに伴う様々な影響、
それはわたくしたちだけの問題ではなく、
今後生まれてくるに何代にもわたる子孫にまで「永遠」に
続いていくと述べられています。

遺伝子について、わたくしたち無学のものにもわかりやすく書かれています。
ぜひともお読みください。

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか