FC2ブログ

公共物はわざと欠陥

「廃炉と除染で今後何十年も食える」原発関係者が漏らす本音

福島第一原発事故の発生以降、原発を巡ってはさまざまな対策を講じる必要が出てきた。廃炉、除染でも、そして再稼働でも儲ける――原発ビジネスはすでに“逆回転”が始まっている。その実情をジャーナリストの伊藤博敏氏が報告する。

* * *
原子力ビジネスの担い手たちは、既に、「逆回転」への準備を進めている。関連企業に天下った東電OBが明かす。

「最終処分場探しは、30年近くを費やしても、これまでできなかった。政府も東電も、最終的には福島しかないと思っている。原発周辺地を買い上げ、そこに処分場をつくる。最適なのは第二原発だ。第一原発同様、廃炉にするしかないし、岩盤が浅くて工事が容易で、地元の理解が得やすい」

福島第二原発は、双葉郡の富岡町と楢葉町にまたがる。ここは、旧動燃が行なった候補地選定作業で、全国88か所の「適正地区」に選ばれた経緯があるし、09年には草野孝楢葉町長が「処分場受け入れ」を表明、その後、撤回したものの意欲はある。

原発は「逆回転」を始めた。“夢”を諦め、現実に立ち返り、廃炉や除染といった後ろ向きの事業に注力しなければならない。一見、原子力ビジネスに将来はない、と思わせる。だが、そうではない。「逆回転」が新たなビジネスチャンスを生み、原発で儲けた連中が、廃炉、除染、最終処分場などでも儲けている。例えば、今、原発で何が起きているか。東電関係者が話す。

「再稼働へ向けて、“完璧な原発”にすべく準備を進めています。それはストレステストで求められる以上の厳しさで、『想定外』という言葉を使わなくて済むように、橋が破壊、道路が分断、全電源が落ちても、非常用電源を確保するなどして原子炉を損傷なく止められる体制を確立しようとしています。

そのために費用を惜しまない。原子炉内の圧力が高くて、注水できないトラブルがありましたが、どんな圧力にも負けない給水ポンプを数百億円かけて開発、配置するつもりです」

にわかには信じ難い感覚だが(東電広報部は「あらゆる事故を想定、対応するつもりです」と回答)それで潤うのは原発メーカーである。事実、東芝、日立製作所、三菱重工業の原発3社は、事故後、「フクシマを体験した」ということで海外受注が堅調。しかも、前述のような各種安全対策も受注できる。

ゼネコン各社もそうだ。全国の原子炉建屋は、鹿島(24基)、大林組(11基)、大成建設(10基)の順に受注しているが、この3社は、内閣府から福島県内12市町村の除染モデル事業を委託された日本原子力研究開発機構から再委託を受けた。

同機構は旧動燃の流れをくみ、カネ食い虫となった「もんじゅ」を運営する。つまり、原発推進の“仲間”が、「放射能に習熟」していることを理由に事業を受注しているのだ。しかも今回はモデル事業で119億円だが、今後、数兆円に達する除染作業の中核を担うことになり、最終的には原発建設で潤った双葉郡内の末端の企業に、再度、仕事を分け与える。

「廃炉と除染で、今後、何十年も食える」

こう本音を漏らす原発関係者が少なくないのは、その具体的な流れが見え始めたからだ。 制御できない原発は、推進の時も撤退の時も、そのリスクゆえに関わった地域、企業、人に多大な富をもたらす。だが、国民には電力の不安定、電力価格の高騰、放射能汚染といった“負の遺産”を残すだけなのである。

※SAPIO2012年2月1・8日号

http://www.news-postseven.com/archives/20120203_82109.html

ぼったくり価格で欠陥事業

問題おきてもお咎めなし

修理修復補修事業でさらにぼったくり


ざ・公共事業www

大量虐殺犯だぞ

詐欺師を処刑台へーーー

コメント

主語と述語を省かないで!

>「最終処分地を福島にする。」
 誰が決める?

>完璧な原発にすべく準備しています。
 誰が?何のために?

>そのために費用は惜しまない。 
 誰が? 自分の私財でやれ!

>廃炉と除染で、今後何十年も食える。
  君たち!他人を使わずに危険承知でやれ!

一体誰のものになったのか?
我が国、日本!

No title

郡上一揆勉強中

一体どうなってしまうのか

福島第一原発冷温停止状態どころではないようです。
ご存知だとは思いますが、下記をご覧ください。
遅きに失したが、千葉県の東葛地域から西への避難を真剣に考えています。

http://blogs.yahoo.co.jp/kmasa924/29218923.html

わざと

昔、イ○ズの車に乗ってました。新車でした、でもネジが一つ一つポトンポトンと
助手席の足元に落ちて、どこのネジかも分からずに。
数年したら、この会社いつの間にかつぶれてました。
あーこうゆーことなんだとその時思いました。
ネジはきちんと締めないほうがいい。
次に壊れやすいように、ゆるめに締める。

水周り屋さんが言ってました。
「最近、おかしな業者が増えましてね。24時間体制で駆けつけるとか言ってますが、あれヤバイですよ。すごい値段ふっかけます。そしてね、しっかり治さないんですよ。治さないほうが早く壊れるからです」と笑ってました。ゲッ(;一_一)

ある整体の先生が言いました。
「しっかり治すと来なくなるから、ちょっと手を抜いたほうがいい」と。
なので、その先生ち、いつも患者さんいっぱいです。

ある医師、検査しまくり。
どっか異常出ます。すると、どっちゃり薬出します。
薬の副作用で、また医師の元に行きます。
すると、また薬出ます。
毎回、処方箋薬局から投薬料、医師の元に入ります。

とうとう患者、通院できなくなりました。
すると、医師、
「ご安心ください。往診しますよ」と優しく言います。
1回の往診料、8500円です。高齢者は1割負担なので、850円。
しかし毎回850円かかります。
医療報酬、別途で医師の懐に入ります。

歯科医、虫歯で歯医者に行くと。
「歯磨チェックしましょうね~」と優しく言います。
これをするだけで毎月、歯科管理料が患者から取れます。
嫌だと言っても、「決まりですから」と言われます。

ワクチンワクチン、犬も歩けばワクチンに当たる。というように。
インフルも、子宮頚がんも、肺炎も。だけど・・・
認知症だけはワクチンできません、本当はできてます。
保険対象外なのですよ、100万円しますって。
保険対象にすると、認知症が良くなって、介護施設も、医師達も、施設への物流企業も、おむつ屋さんも、何もかも暇になるので、
認知症を予防するワクチン、開発しません。
お金のある人は100万円でどうぞ。でも効果あるかどうか分かりません。てか。

人の頭のネジが緩いと、国はとても助かる。
疑問を持たない人々が多い方が、国は思い通りになります。

車のネジも、人の頭のネジも、同じことのようです。

ネジと共に、足の股もいつでもキュッと締めておきましょう。
E-山先生 きっとお喜びになりますわ。








No title

水周りを直さんとは、困りましたね。
もう、お金は1回無くした方がいい鴨。

医療はお金がかかるから、乳酸菌で年老いても働いてくれる国民は、国からすればウホウホ存在でしょう。
往診は点数を少し多くくれるから、お医者さんはいいと思うでしょうが、ところがどっこい、猫の目厚労省はしょっちゅう点数を変えます。なかなか儲かりません
しかも、国民には広報しません。誰が仕事を辞めて世話をさせたいと思うのでしょう。
でも、国民は在宅を望んでるらしいですよ。アンケートしたそうです。どんな選択しがあったのか知りませんがね。きっと医療を押さえて、言うことを聞く国民だけ長生きさせるのでしょう。

認知症は大変ですね
こはく姉さん
お大事にね

欠陥

京都市と奈良市がリニアの誘致合戦していると
TVのニュースで見ましたが

欠陥地下トンネルと欠陥駅の誘致合戦?
リニア事故と土地陥没で古代遺跡抹消とか

人工地震の拠点がまた増えるんですか。。

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか