FC2ブログ

金の除染シート



そうなんですよ 野田さん
ちょっと待ってください 岡田さん
いや じつはですね
えーーーーーー
そうなんです

A地点から~B地点まで~
行くあ~いだに~
すでに金ぼってたんです


◆2011/12/30(菌) 「合法的万引き」のすすめ (4)

小説『日本沈没』(小松左京)では、「D計画」が実施される場面が延々と続く…。
「D計画」とは、日本列島の沈没を確信した政府が、日本国民を海外へ脱出さ
せる作戦だ。
小説では、日本国民を海外へ避難させるために、政府と民間の精鋭スタッフが
死に物狂いで「D計画」を遂行する。この必死懸命な場面で、我々は、
「国民の生命を守る! これが国家の存在理由(レゾン・デートル)なのだ。」
ということを納得させられる。

まさに「国民を守る!」ことは、国家と政府の当然至極の任務なのだ。
国民があってこそ、国家も政府も成立するものだからだ。
実際、災害などで国民の生命が危機に瀕(ひん)した時、国家政府は万難を排し
て国民を救うために全力をあげる。
事実、過去においても、たとえば昭和19年6月、当時の政府は、
『学童疎開(がくどうそかい)促進要項(そくしんようこう)』を閣議決定し、都会の子供たち
を安全な地方へと総力をあげて避難させた。
国民の(特に子供たちの)生命(いのち)を守ることは政府の最低の義務なのだ。

ところが…、
いまの民主党政府と、政府を操る(あやつる)官僚たちの姿勢と政策はどうか?
『岡田克也議員のお話(2011/12/29)』がYouTubeで聴けるが、ココで岡田は、
  1.公務員を叩きすぎてはいけない。
  2.福島の子供の救済には時間とカネがかかる。
  3.東京電力は一生懸命やっている。
などということをシレーッと言い放っている…。
ようするに岡田克也は、
「カネがかかるので、子供たちの救済はやらない!」
と言っているのだ。

カネがかかるので、子供たちの救済はやらない!

その子供たちを救うべきカネを、「除染」という大義名分で分けあっている…。
とんでもない「合法的万引き」だ。
許されざる犯罪行為だ。
これが、いまの日本という国家の実態なのだ。

ようするに日本という国家は、北朝鮮以下! ってこと。
民主党政府などは、黴菌(バイキン)以下! ってこと。
分かるっしょ?!

http://grnba.com/iiyama/index.html#ws12302

除染は地域住民のじじばばがやればいいのだ。

その分の日当は当然の事ながら、
原子力会社が自腹でやればいいいのだ。
ピンハネしなきゃたかがしれている。

その費用を賠償せず、
巨額のデタラメ除染費用を税金からピンハネし、
どっかの斡旋業者がどっかから日雇い労働者を連れてきて、
日当からピンハネ。

ひたすら土の移動であって、除染じゃねーし。

A地点からB地点にいって、つぎはC地点
またのその次は・・・

汚染土壌ロンダリングで、
日本中土壌汚染

陥没

預言者きのこ教祖さま
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-2207.html

コメント

No title

なんで誰かの金儲けのために、苦しみ死ななきゃいけないんだろう。ばかやろうーーー。
本年の〆ですた。
おばかなあいちゃんですが、来年もよろしく。

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか