FC2ブログ

もっと話し合う「きっかけ」がいる





ぶっ飛んだ核爆発のあの黒い煙は、
ほとんどがセシウムの3万倍の毒素のある
プルトニウムです。

ちょっと考えればあたりまえやん。
ウランは97%がプルトニウムになるねんもん。

セシウムやヨウ素でごまかすな。

テレビ局は「違うかもしれない事は流せない」

え?小沢は何もしていないのに、
思い切り犯罪者に仕立て上げてるやんか。

そんな暇あったら、何ぼでも東電と嘘を叩けるやろ。

「ただちに健康被害はない」

この大嘘はどんだけ流しとんねん?

独裁政権にとって邪魔な人物は、
どんな手を使っても叩きにかかるマスゴミ。

報道の武器の悪用やん。

こんなやつらに対抗するには、
井戸端会議やで。まじで。

町内で学校で老人ホームでカルチャーセンターで。

世間の3割があちらがわやねん。
庶民レベルからぐうの音も出んようにしたったらええねん。

コメント

α線核種が多くあると人間は住めない政府はα線を測定させない

α線核種が多く在ると人は住めない。それを測定をさせない日本政府。
2011-11-22 23:44:09 | 福島第一原発

【個別土壌調査・仙台市内】 みやぎ土壌調査プロジェクトよりhttp://ameblo.jp/miyagidojyouproject

============

仙台市宮城野区A地点
自宅近く植え込み
Cs134→120,7Bq/kg
Cs137→140,58Bq/kg
合算→261,28Bq/kg

仙台市宮城野区B地点
自宅庭
Cs134→173,92Bq/kg
Cs137→190,27Bq/kg
合算→364,19Bq/kg

仙台市泉区
自宅畑の土
Cs134→120,7Bq/kg
Cs137→140,58Bq/kg
合算→261,28Bq/kg

============

 日本政府がどうしようもないことは間違いありませんが、α線の核種を測定することさえ、いろんな形で妨害が入っていることが、確認されました。政府は、危険な核種が関東と南東北には普通に存在してることを、測らせないようにしています。そうした事態をきちんと認めないどころか、隠蔽していることは間違いありません。首都圏に、普通に危険な核種、α線核種が、存在していることは、僕には常識ですが、勿論、かなりシビアです。もう、外国で測定はすすめるしかないかもしれません。

 ベラルーシで、チェルノブイリの被害者の治療に当たっている、現地の専門家は、「日本の皆さんには、申し訳ないけれども、チェルノブイリのときには、γ線核種がほとんどで、それでもいろんなことが起きましたが、それを超えるα線核種がかなり広範囲に広がっている以上、東日本のかなりのエリアは住むことは、難しい」と話しています。

これは、僕にとっては、既知のことですが、皆さんにもきちんと認識してほしいです。僕が気になっているのは、危険な核種はどこまで存在しているのか。そのラインを見極めたいです。

こうした存在する危険を、政府もメディアもなかなか認めません。これは、ばかげた話です。本質的に、このまま続けていくことはほとんど無理です。健康被害の進捗状況が思ったよりも早いのは、α線核種の存在が大きいと思います。いままで、おきなかった疾病がおき始める可能性もあります。そうした中で、甲状腺の疾患は、橋本病、腺腫様甲状腺腫、ちいさな腫瘍ができているケースはお伝えしましたが、バセドウ病などの報告も入ってきています。何人もの女性が突然の発症と放射能の関係を疑う内容を問いかけてきています。バセドウ病のような症状を示しているが、違う甲状腺の状態かもしれないという推測も出ています。これについては、さらに精査していきたいです。とにかく、未知の核種によりどんな健康被害が出るのか、現地の専門家も「わからないが、よくないことになるのはまちがいない」と話しています。おきている事態をきちんとみつめてください。

 きのうの新聞で、オウムのサリン事件で甲斐中元検事の回想が出ていますが、僕がひとつ大きな疑念があるのは、なぜ内乱予備罪を適用していかなかったかということです。オウムが短期間のクーデターの可能性があるというなら、そういう法的枠組みで対応すべきでした。当時検討も一度はされました。これをしなかったことで、直接の実行犯でなく、教唆的な立ち場の人間が逃れている現実を知るだけに、まずいと思います。枠組みを提示しなかったということです。国民に。事実は隠されている状態です。追加ですが、そのときの教唆側の人物が、最近、脱原発の衣を身につけようとしていることは、僕は、本当に反吐が出ます。必ず仕留めます。

 さて、戦争に類似した国難であるこの放射能状況に対処できない現行の政府を見ていると、カルト団体のクーデターにも、国家として毅然として対応できなかったことも、その萌芽があった気がしています。この国家は、僕らの怒りを通り越して、国家としての本質的な機能を喪失しつつある状況と思います。

 国家が国家という役割を果たせない事が、あきらかになってくると、いろんな形で、政治的な変化、否、騒乱や動乱といったもろもろが首をもたげてくる可能性があります。僕に対して、「何を言っても無駄と諦めると、どんな悪政にも声を出さなくなる。今はまさなそういう状況で、こういう時に革命を起こすと成功する確率が高いのだそうです」とツイートされた人がいます。成功という単語はともかく、また成否はともかく、クーデター的な状況がおきてもおかしくないような情勢がなんとなくあることは、感性の鋭い人は感じている気もします。国が国として成立するのは、国家が国民の安全を守っているという幻想だけは維持しなければならないのに、完全に溶解し始めているということです。こうした事は、注視して見ていかないと、いろんな形で、「何がおこるか」わからない「今」になっています。僕は、とても、とても気にしています。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/dce6faeabbe3913408299051366c4b66

木下さんも

「反日本」的なものがこの国を牛耳っていると感じてるんですね。

色々調べていくと、そう感じますよね。やっぱり。

プルトニウムが

上のコメント見てショックです。
3月から、絶対に首都圏でもプルトニウムが危ない、と思ってきたけども、
「煙のほとんどが」とは知識不足で知らなかった。
少しはプルトニウムも含まれて首都圏に届いてる、程度の認識だった。
そこで、きのこ組長!
「関東全員被曝」だとして、その被曝はみんなプルトニウム吸っている?!
と思いますか?
学者や専門家に質問しても、この点だけは「分からない」と言って顔をうつむける。
見たくない最も恐ろしい点なのか・・・。
やっぱり、関東にしばらく居住した子供達、プルトニウム吸い込んでいるのだろうか・・・?

No title

上のコメンター様
組長ではありませんが、
言わずもがな、マスクしてなきゃ吸ってる可能性大ではないでしょうか?
東東北・関東がプルトニウム高いって、ずーっと言われてきたことですよね?

にしても、やっぱりねーってかんじですね。
α線の核種測定できないんじゃなくて、
あえてしていない。こわいな。。どうしよう。。
外国の方、測定おねがいします!

自衛です!

負けてなるものか!

No title

最近のニュースでは、夏の熱中症、秋からはウィルス性による肺炎、温度差アレルギーなど、
もちろんケムトレイルも関係していますが、自律神経失調症が多いのは被曝から、としか思えません。
せまい日本、東北や関東だけの問題ではないと考えています。

だから~の米とぎ乳酸菌! 生き延びましょう!

No title

「東東北・関東がプルトニウム高い」って、いったいいつ言われたんだー!!
(情報においつけなかった、自分がうらめしい・・・)
「プルトニウム、100kmくらい来てるかもしれない、多分。
200kmどうだろう、、、可能性ありかも、、、」程度だった自分がうらめしい。
マスク、子供ができるわけない、すぐとっちゃう。
ということは、今も東北・関東に残って外遊びしている子供達は
日々吸い込んでいるということ?プルトニウムを。
きっと誰も、認識してないよね。その親たち。
4月時点で本当に、外国文献1つ以外、プルトニウムについてはほとんど言われてなかった。(と、思う)
タイムマシンが欲しい、と、きっとみんな思ってるだろう。

で、肺に吸い込んだ放射性物質も痰で出すというとぎ汁、
これを子供に肺に吸い込ませるのって至難の業・・・。
みんなどうやってるんだろう、子供へ吸い込ませるの。
誰かコツを教えてください。

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか