fc2ブログ

あれから3年 早いな それでも世界を「俯瞰せよ!」



2018年7月20日 じーちゃんは突然消えたわけですが



自ら過去の「人権侵害」を告発し謝罪した人を
マスゴミ総出で「バッシング」している連中は
てめーらがやらかした事に関し
謝罪をしなきゃならないブーメランに
ぐさぐさにぶちささったのではないでしょうか。

でっち上げや冤罪や自作自演やマッチポンプ

学校犯罪を隠ぺいし続けた「旭川女子児童凍死事件」など
数限りなく日本を貶めてきた連中がいます。

反日サヨク、従軍慰安婦捏造集団です。

その被害総額は天文学的でしょう。



500ベクレル玄米腐り汁散布テロ組織
誰一人反省も謝罪もなく、デマを垂れ流し続け、
逮捕されていない訳ですが
なめすぎだ。


2014/11/05(水) 鷲は「鳥瞰図」で世界を見て「俯瞰力」を鍛える
上空から世界を俯瞰せよ!
「上から目線」は駄目です
俯瞰力
「俯瞰力」というのは、一言で表すとモノ主体の視点が、「自分」を軸にして全体を的確に捉え、深い洞察や高い視点、広い視野へと移行していくことができる力のこと。(やましたひでこ「俯瞰力」より)

鷲が鷲のことを一人称で「鷲」と書くことは、2012年01月19日から始めた。
これは、「鷲」という鳥のように「鳥瞰図」で世界を見て「俯瞰力」を鍛える意識をもつためである。

人間の目(眼)や脳は、広い世界の全体を上から見て(俯瞰=ふかん)、その全体像を描くことが出来ない。

しかも、人間の目(眼)は、構造的に狭い一点を見つめるように出来ている。さらに、網膜にうつる映像は二次元的で、その平面的な映像を脳が三次元の立体的なイメージに合成している。 (とても参考になる記事)

したがって、人間が普段、普通に見ている世界は、せまい世界の一部分の映像を「合成写真」で見ているだけなのだ。

世界の全体像は、意識して、深く考えながら、「自分は世界のことが分かってないんだ!」と自省しながら、時間をかけて見ていかないと、世界は、俯瞰図も鳥瞰図も見えてこないのである。

だっから…、色んな評論家やブログの文章を読む時も、
書き手が、世界像や世界観、モノの見方や考え方をキチン!とチェックしているかどうか? これを確認しながら読まないと、読み手はダマされる。

ま、そういうことです。 (飯山一郎)

飯山一郎のブログ アーカイブより
https://archive.is/ZFMxI

証拠と原典と1次ソースの確認が大事!
それが無くては俯瞰もできない!

確認と俯瞰!

飯山一郎の遺言です。

コメント

コメントの投稿

グーグルアドセンス広告2
ショッピング
 
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか
毒キノコエリア2