FC2ブログ

行政型 ボツリヌス詐欺炸裂





養蜂のほとんどが「外来種」です。
在来種の日本蜜蜂と違い
外来種は日本の気候風土に合わず
あらゆる抗生物質や薬剤を散布して育てられます。

花ではなく、人工甘味料をエサとしてあたえ
薬剤を散布しまくり
その蜂からとれる「蜂蜜」は殺菌処理しなければならない。

しかし、ボツリヌス菌のような菌が吐き出した毒「ボツリヌス」は
消毒できず、市販品として出荷されています。


ロシアなどは大昔から今に至るまで
「非加熱天然蜂蜜」が当り前です。

日本でも最近では日本蜜蜂の生蜂蜜が売られています。

天然のハチミツには本来、大量の乳酸菌と天然の抗生物質があり
「有害な菌」は繁殖できません。

その日本蜜蜂はネオニコチノイド規制しない行政のせいで
一時、絶滅の危機にさらされました。



そもそも、加熱殺菌消毒しなければならないような「薬物まみれの代物」に
販売許可を与えてきた、厚労省と消費者庁って
何ですか?!

こういう事を説明もせず、「蜂蜜(全部)にボツリヌスが入っています」と
流布する意味は何ですか?!

てめーらの失態がばれて、罪のなすりつけでしょうか?

はぐらかしでしょうか?ごまかしでしょうか?


そもそも、整形美容で使われる「ボツリヌス ボトックス毒注射」で
顔面崩壊まみれの芸能怪をみれば
猛毒ってわかるじゃないですか。

顔がパンパンに膨れ上がって
顔の表皮が動かない。


そんな猛毒が紛れ込む「蜂蜜」って何ですか?!

どうしてこんな事になってるんでしょうか?!

みなさん、どう思われますか?!






ロシアではミツバチの大量死は「事件」ですよ!

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか