FC2ブログ

「マスクにカビ!」が捏造の場合、「偽計業務妨害」


いたずらは、犯罪になりやすい。
2017年03月22日

法律解説

今回は、いたずらも度が過ぎると犯罪になる、ということについて解説します。
「コンビニでいたずら、動画投稿…男を書類送検」(2017年3月18日 読売新聞)
富山中央署は、富山市内のコンビニ店でいたずらする様子が動画投稿サイトで公開された事件で、動画を投稿した富山市の20歳代の男を軽犯罪法違反(いたずらによる業務妨害)と富山県迷惑防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで富山区検に書類送検しました。

~中略~


「軽犯罪法」
第1条
左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。
31 他人の業務に対して悪戯などでこれを妨害した者
「いたずらなど」の定義が曖昧ですが、ここでは刑法の偽計業務妨害罪と比較しながら考えてみます。
「刑法」
第233条(信用毀損及び業務妨害)
虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
「虚偽の風説の流布」とは、真実とは異なった内容の虚偽・ウソを不特定多数の人に知れ渡るよう広めることです。
法律上、噂として広めることでも犯罪が成立しますが、その噂やウソが本当のことだった場合は罪には問われないとされています。
「偽計」とは、人を欺く、だますことです。

~中略~


つづき↓
https://taniharamakoto.com/archives/2571/









「アベノマスク」と「嘘のマスク」

↓本物のアベノマスク クリックで拡大
  



ネット上にあげられた「よごれあり欠陥マスク」の写真を
ざっと検品してみたところ
やはり「偽物」である事が数々発見されています。

つまりこれ「組織的に計画された悪質ないたずら」なわけです。

くそくだらないばればれの「ギャグ」を
今まで検察は「悪質な偽計業務妨害」として
見せしめ逮捕と立件をくりかえしてきておいて
「アベノマスク カビ騒動」だけ立件しないなら

「あら、さすが朝日とズブズブの賭けマージャ仲間の検察ね!」と
言われて当然なのである。

日本中に「美しいアベノマスク」がやっと届き始め
日本中のバカ主婦が「カビのマスク」のインチキに気が付くのは必須。

朝日の布マスク否定論は
日本を混乱に陥れ
「使い捨てマスク」の買い占めとぼったくりの被害に遭い
「カビのマスク」でアベノマスクの再検品で配布が遅れに遅れた。


こんな凄まじい「全国規模」の「偽計業務妨害」を
立件しない「検察」とは何でしょうか?

「中立公平な正義」をかかげる検察が
「人事権」を国民が民主主義選挙で選んだ内閣に取られたくなくて、
堂々と倒閣テロに加担でしょうかね?


検察は今までも
本物の「偽計業務妨害」を
「はかりごと」をもって
膨大に「隠蔽もみ消し工作」していませんかね?www

みなさんは、どのように思われますか?

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか