FC2ブログ

三宅雪子の匿名マネジャー


三宅雪子の告訴状を受理したとされた高輪署問題








この男は自分のブログもなく
Twitterにはメールアドレスすら記載せず
挙句の果てには相手に「逃げ回るな」とのたまう。


2015年12月から「きのこ組は8000もの嫌がらせツイートと殺害予告で起訴された」と
とんでもないデマを拡散し、
小沢邸の新年会、大勢の関係者がいる場所で
「きのこ組がーーー!」と騒ぎ
そのデマを訂正も謝罪もなく、逝ってしまわれました。

別件で2件、北海道とさいたまで三宅雪子は刑事告訴され、
2回の起訴猶予処分です。

そんな状態で、この2名は高輪署に「ネット被害」を訴え
告訴行為を繰り返し、三宅の妄想を元に加害者呼ばわりされた人たちに
不当な捜査を繰り返した
高輪署の説明責任こそあるはずだ。

三宅雪子の匿名の取り巻き達は
このような「集団」であり
三宅にデマを吹き込みデマを拡散する広告塔として利用し
そして三宅は途中で「デマ」だと気が付いても謝罪するどころか
被害妄想満載で警察に通う。

この負のスパイラルを肥大化させたのは、警視庁である。

三宅が高裁判事と「おともだち」だからなのか知らないが
高輪署は明らかに、越権行為を繰り返した。

岡口基一は、仙台高裁で懲戒請求をかけられた。
高輪署の説明責任は免れない。


三宅雪子は元々ああいう性格だが
途中から明らかに「何か」が壊れていた。
毎夜のツイキャスでは明らかに「保護」が必要な状態だった。

そのツイキャスでは言ってはいけない事を平然と口走っていた。
その一つが「取り巻きがやった事は全部取り巻きの責任で私は法で裁かれない」というような内容。

取り巻きに「匿名で嫌がらせをやれ」などと命令しても
実行犯に法的責任があって
命令したほうには法的責任はないんです♪w

というような内容とか。

明らかに「自称リベラレル(中身中核に操られたバカ)」たちは
確信的にこの手口を使い倒してきたということ。

しかしこれ、日本には「共謀罪」がなかったから。
2017年7月11日、共謀罪は施行されたから
この手口を使い続けたサヨクは
丸ごと発狂しています。



岡口基一という反日判事

三宅雪子関連で死者が出ていた件


http://archive.fo/tanfr ←ここで股間にぎり写真が見れるよ



http://archive.is/SaEpe

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか