FC2ブログ

粘膜強化でウィルスをシャットアウト!なお薦め品



ぎのごちゃんのお薦めグルメ 5選!

    

1 極寒ロシア人の血管を強化してきたそばの実!しかも、アルタイ地方は日本人の祖先がいたところ!
2 梅や杏子などの種の杏仁は、昔から健康長寿の薬でした。しかも美味しい!杏仁茶サイコー!
3 添加物まみれの酒まみれの世の中。でも華奴はぎのごちゃんも飲めました!
4 霧島連山の地下水にはシリカたっぷり!霧島連山の秘水です!
5 ロシアではミツバチが死んだだけで大事件!そんな安全な天然蜂蜜には乳酸菌もたっぷりです!



妙薬 口に苦し とかいうけど
この5選は、残念ながら、美味しいですwww


特にそばの実リゾットにははまってます!
こおばしくてぷちぷち歯ごたえがあって
食べた人みんな、美味しい!っていうし!

これは、スイートコーンスープリゾットグラタン風




ナンジャラウィルスがーーー!!!と
マスゴミが大騒ぎするたび
不思議な事に気が付きませんでしたか?

殺人ウィルスのはずが、感染する人より
感染しない人のほうが、圧倒的に多いと言う不都合な真実。

ごく一部の人だけに凄まじい効力を発揮するウィルスとは何でしょうか?

その原理ってなに?


ある特定の血液にだけ作用する菌は
すでに存在しています。

さて
そもそも「感染」とは、粘膜が弱って
パキパキになっている箇所でウィルスが大繁殖し
毒素を吐いて細胞を破壊し、体内に侵入することです。

つまり、粘膜強化で感染以前に、繁殖もできないのがウィルス。
粘膜がしっかりしている個所では、常在菌が沢山いて
ウィルスを追いかけましてエサにするので
ウィルスが繁殖できません。

マスクをしてのどや鼻の乾燥を防ぎ
唾液がよく出る触感のある食事をし
粘膜を強化する粘性のある食材をのみ
常在菌が大好きな「緑茶」をのんでいれば
ウィルスは繁殖できないのです。
そして、ウィルスは熱に弱いので
身体を冷やさないようにしていればいいのです。

注意は、ウィルスを「殺菌消毒」というけれど
ウィルスは「殺菌剤」にたいして変態して耐性菌になるの繰り返しです。
だから、常在菌に追い掛け回されて撲滅されるのではなく
薬品で「殺菌する」という手法は、
原始時代の発想かよ!というツッコミしか思い浮かびません。

病院では耐性菌対策として、殺菌処理ではなく熱処理に切り替えているところもあります。



ではみなさん!

とりあえず、そばの実リゾットは
とっても美味しいので
作ってみてくださいね!!!

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか