FC2ブログ

STAP騒動 正真正銘巨額詐欺事件です

【訂正】小保方さんSTAP特許出願がまさかの国内移行

理研のSTAP製造法に関する国際出願(PCT/US2013/037996 ”GENERATING PLURIPOTENT CELLS DE NOVO”)ですが、10月24日時点でWIPOのサイトおよびUSPTOのサイトを確認したところ、国内移行された記録がなかったので、本記事末尾のように「期日に間に合わず」との記事を書いたのですが、毎日新聞の記事によると、なんと期日ぎりぎりで国内移行していたようです。WIPOやUSPTOのデータベースにはまだ反映されていないということでしょう。記事中ではどの国に移行されたかは不明とされていますが、いずれデータベースに反映されてわかるはずです(おそらく日本と米国には移行されているのでしょう)。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kuriharakiyoshi/20141024-00040245/







日本の「STAP特許出願」終了のお知らせ

出典:特許情報プラットフォーム

「"STAP特許出願"まだ粘るようです」という過去記事で、小保方氏やバカンティ教授等を発明者とし、ブリガムアンドウィミンズ病院(ハーバード大)を出願人とするいわゆる「STAP特許出願」(特願2015-509109)拒絶査定後に、拒絶査定不服審判が請求されたと書きました。

しかし、実は、この拒絶査定不服審判は(2018年)7月10日付けで取下げられていました(タイトル画像参照)。過去記事は7月18日に公開してますので、実はその時点では既に取下げられていたことになります(見落としすみません)。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kuriharakiyoshi/20180802-00091666/



日本で「詐欺」だと騒いだSTAP細胞を
ハーバードは特許の「審査請求」
世界中でやったんだから
作れる!!!と言い張って作れなくて
特許が撮れなかったんだから
何百億もの賠償責任がある「詐欺」になるはずなのです。


これは大事件なわけですよ。

理研は「ある確信」を持っていたから
特許申請をしたのです。

そしてハーバードもある確信を持っていたから特許申請したのです。

その「核心」の秘密を唯一知っていた笹井さんは不審死です。
ところが、それでも特許申請をしたのです。

2014年10月24日(殺害予告犯でガサ&PC強奪)に!!!


笹井さんは不審死、小保方さんを窃盗犯に仕立てげ
社会から抹殺しました。

ぎのごちゃんを「殺害予告犯」に仕立て上げ
三宅雪子のような国会ダイバーをつかって
殺害予告で起訴された被告人と言わせ続け
2018年7月10日(殺害予告犯裁判結審)、
ハーバードは最後までSTAP細胞を作れずじまい。

どうして作れなかったんでしょうかね?!
作成方法の泥棒に失敗したからでしょ?

ハーバードは巨額詐欺犯罪決定になり
その数日後、じーちゃんが突然死です。

共産党と財務省と朝日とNHKと毎日と
京都大学と理研横浜と警視庁に
突入せよ!!!と思うわけです。

共産党は本のデジタルデータを返してほしければ
金を払えと言いました。
舐めすぎです。

とっとと「500ベクレル玄米腐り汁集団」を
逮捕すりゃいいじゃん。

みなさん、どう思われます?

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか