FC2ブログ

「排除」で330万円請求かぁ


首相にヤジで排除された男性、警察官を刑事告訴 「黙っていれば言論萎縮進む」

12/3(火) 20:45配信

毎日新聞

 安倍晋三首相が札幌市で街頭演説した際、ヤジを飛ばした市民を北海道警の警察官が排除した問題で、排除された市内に住むソーシャルワーカー、大杉雅栄さん(31)が3日、警察官の行為が特別公務員職権乱用罪などにあたるとして、関係した警察官を札幌地検に刑事告訴した。

 また、実力を伴った排除で表現の自由を妨げられ、肉体的・精神的苦痛を被ったとして、管理者の道に330万円の支払いを求める訴訟を札幌地裁に同日起こした。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00000086-mai-soci

大声を張り上げ、街頭演説を妨害し、
警官に「排除」された。

捜査も逮捕も家宅捜索も事情聴取も押収もなく
現場から「排除」されただけで330万円の請求と刑事告訴。

へぇ。。。w


ちなみに、330万円なら裁判費用は2万円弱です。

裁判費用換算サイトはここ

だから、糞くだらないサヨク因縁裁判が乱発されるのです。

ちなみに、損害額が莫大で、
本当に困っている被害者は
裁判費用も莫大になるので払えず
勝ったところで微々たる損害しか認められず
裁判費用すらまかなえるわけがないので
泣き寝入りするしかありません。

まともな弁護士は、結果が見えているから
裁判をそそのかしたりしませんが
偽善者の弁護士は、弁護費用をせしめるため
負け戦を「闘いましょう!がんばりましょう!」などという。

100歩譲って勝っても、時間と費用の大損です。

志布志事件では10年近く裁判をやって勝訴ですが
その損害額は何億円にもなるのに
認められたのは「こどもの小遣い」程度でした。

警察も検察も謝罪なし。


なぜか、原告がサヨクの当たり屋の場合
賠償額が莫大に認められる事が多いです。
美味しい商売ですね。


これがこの国の裁判の実態です。

そもそも、ノーパンで股間握っているような判事に
適当なインチキ判決文を書かれて
それがどれほどの「意義」があるのか
さっぱりわからない。


カフカの「迷宮」にも及ばない
日本の「酩酊」。



そもそも「言論」とは
「言葉で論じて世論に訴えかける」事であって
裁判所のノーパン判事室の密室に、
にちまちま下らぬ「準備書面」のコピー用紙を
送り続ける事じゃないけどね。

言論放棄行為を「言論」というあたり
この国の「言論」の認識は
低レベルだなと思うわけです。


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか