FC2ブログ

警察の情報漏洩という犯罪

「伊藤詩織」は性被害者なのか【シリーズ第2弾】|小川榮太郎

~一部抜粋~

山口氏を難ずる人たちは、山口氏への逮捕状が執行される直前に上層部からの圧力で執行が停止となったのは怪しい、山口氏が安倍晋三首相をはじめとする政権幹部と親しいから事件が揉み消されたのではないかという、根拠のない主張を繰り返している。

だが、話は逆なのだ。物証がなく、証言の信憑性の全く定かでない伊藤氏の訴えで、なぜ、事が逮捕状の請求まで進んでしまったのかのほうこそが、寧ろ問われるべきであろう。

反論しない、おかしな面々

毎日新聞

伊藤氏の著書『Black Box』(以下BB)によると、伊藤氏は担当の捜査官から詳細な捜査情報を数多く聞かされている。事実なら、言うまでもなく警察官として違法行為、それも警察の信用の根幹にかかわる情報漏洩だ。

~中略~

◯伊藤氏はピル服用後3日間の出血による不妊を産婦人科で確認のあと、山口氏に再三「妊娠の恐怖に怯えている」との脅迫メールを送信している(裁判所提出資料の診断書とメール記録の日時を突合することで判明)。

https://hanada-plus.jp/articles/246


あったりまえなのですが
捜査中というのは、捜査中であり
まだ全然全容がわかっておらず、
裁判にもなっておらず
証拠があがりきっていないわけで

告訴人がとんでもない「デマ」を言ってる可能性もあるわけで
そんな状態で、被告人とされるものに関する情報を
告訴人に、絶対に教える訳でないし
教えたとするならば、トンデモナイ「警察犯罪」なのです。

だからーーーーーーーーーー
警察官は「言えない 言えない いえないんですーーー!」と
説明にならない説明しかできません。

しかし、高輪署は違います。
三宅雪子様が通い詰めたお守り部隊の高輪署は
普通の署とはまったく違うのです!

三宅雪子はことあるごとに
「高輪署はこういったああいった」と
べらべらべらとツイキャスで喋り
Twitterに他人の個人情報に関することを
書きなぐるのです。

最初は「作り話だろう」と思っていたら
実際問題、高輪署は三宅に
べっらべら喋っていたのです。

なんなんでしょうか、あそこって?w


未来の警視総監「中村格」も
高輪署について「杜撰な捜査」と言っています。

その高輪署は「兵庫県警が杜撰なんですよ!!!」と言いました。

高輪署にだけは、言われたくないです。



そもそも、妊娠していないとわかっていながら
「妊娠の恐怖に怯えている」
脅迫メールを送っていたわけで
脅迫罪と虚偽告訴が成立しているじゃないですか。

警視庁はいつまで「放置」しておくつもりなんだろうか?



虚偽告訴は時効6年なので、まだまだ余裕はあります。
伊藤が全く反省せず、どこまでデマを吐き散らかし
裁判で絶対に「無罪がありえない状況」になるまで
泳がしているのかな?



ていうか、普段から「ピル」を飲んでいるって
なんなんでしょうか?!!!!!


それ、普通なんですか?
今時の若い女性は
飲んでいるのが普通なんですか?!

ちょっと理解できないんですが。



コンドームせず、中出汁前提なんでしょうか?!


みなさん、どう思われますか?

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか