FC2ブログ

「天皇」と「天皇陛下」の違いについて





「天皇」と「天皇陛下」には真逆の意味があります。
どう呼んでいるかで、何かが透けて見えてきます。

万葉の時代から続く「天皇家」は
存在そのものが「日本史」です。

どの国にも愛国心はあり
愛国とはその国の歴史も含めてです。
というか、その国の存在意義は「歴史」そのものです。

歴史を否定する事はすなわち、愛国心の否定です。

天皇制の否定は、この国に対する侮辱です。

誰のために何のために「侮辱」を繰り返すのか。

反日主義の教祖とは、この国に原爆を2個も投下した奴です。


日本では梅が暮らしに活きています。
植物も動物も人間も菌も、
万葉の世界で循環しています。

その循環がこの国の歴史を形成してきました。

梅の花を歌にした「万葉集」は
目にも見えない生の生態系を言葉にしたものです。


日本だけではなく、地球上のあらゆる場所で
その場所特有の「生の生態系」があり
それが歴史になります。


これがわからないようなやつが
国家や政治に首を突っ込んで
生の生態系を破壊するな!


みなさんは、どう思われますか?


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか