FC2ブログ

匿名医師ジャーナリスト村中璃子の謎



子宮頸がんワクチンを推奨する役目の
匿名医師ジャーナリスト村中璃子は
京都大学ジャーナリスト講座の講師です。

本庶佐が作った講座です。

村中璃子の本名は「中村理子」だと言われていました。
しかし、元信州大学教授に対する名誉毀損裁判で本名を隠しました。
そして敗訴したのですが、判決文に「加茂理子」と書かれていました。

結婚し「加茂」になっていたようです。

しかし、中村理子でも加茂理子でも
厚生省の医師検索サイトに出てこないのです。

どこの誰?!状態です。


当り前ですが、日本人が裁判をするときは
戸籍上の本名です。

中村でも加茂でも医師確認が出来ないと言うことは
1、医師と言うのは嘘だった
2、海外で医師免許を持ち日本の医師免許は持っていない
3、加茂と言う苗字は本名ではなく通称名

色々と考えられますが。

3だった場合

在日で韓国籍の場合、日本人とは違って通称名で裁判が出来ます。
本名を言わない特権があるのです。

つまりご主人は通称名で勤務しているということになります。


この人の一番の問題は
ワクチン被害者児童の学校の保健室に突然「医師 村中璃子」の肩書で現れ
児童の個人情報を学校側に教えろとせまり
つまみだされると、学校をうろつき
同級生たちを口車にのせて、児童の個人情報を聞きだし
突然ラインに「医師」を名乗り、接触を図ろうとしたことです。

それを児童側の弁護士から内容証明で苦情を出されると
JR東海系雑誌に「問題児 クレーマー カルト」など
凄まじい人権侵害記事を書いて
新幹線やネットにばら撒いた事です。

あげく、裁判になっても
この児童は匿名村中璃子が、医師であるかどうかの確認もとれない。


これがマスゴミのやり口です。
匿名を使って犯罪行為をさせておいて、知らん顔。
裁判所も警察も検察も学校も、沖縄県も知らん顔。

また同じ手口を繰り返すという脅迫です。

京アニ事件でもそうです。
マスゴミは被害者の個人情報をばら撒き
匿名のライターたちが、あることない事書きなぐっています。

あげく、神戸市教育委員会では教職員による集団リンチ事件を
「かわいがり」だったのに、自称被害者が大騒ぎしているかのような口ぶりです。

共産党にいたっては、教育委員会を批判した市長を
「言論弾圧の違憲」呼ばわりです。


植民地だった日本では、日本人被害者は泣き寝入りです。

これがこの国の正体です。

日本の象徴の天皇の写真を燃やして踏みつけるのが
やつらの「本心」です。


安倍政権で徹底的な人事改革をやってますが
共産主義や極左主義の絶対数は莫大で
地方行政の労働組合系はほぼ「アカ」に支配されていて
「アベ政治を許さない」と日々発狂しています。



劇薬すぎて、1回しか打ってはいけなかった
汚染子宮頸がんワクチンを、3回も打たされた子供たち
重篤な副作用まみれです。
当り前の結果です。

こんなものは「テロ」としか言いようがない。



コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか