FC2ブログ

被災 勝負は最初の3日間

    

思わぬ天災にあったら
一番大事なのは「睡眠」と「水分補給」である。

救助と避難物資が届くまでの3日間が勝負。

人間、睡眠さえちゃんととれれば
どうにかなるけれど
睡眠がまともにとれないと
何もできません。

どこででも、確実に寝る!という訓練を
近所の公園で町内会でやればいいのに
防災訓練は「ままごと」ばかりだし
枝を燃やして「お湯を沸かす」事すらできず
「天災が起きたら死ね」と言われているのも同じですね。

テレビや新聞で脳がやられた思考停止のジジババは
勝手に死ねばいいけど、子供には大迷惑です。

哺乳類として「日本の人間の大人」はできそこないまみれですね。

子供を道連れにすんなボケ!!!と言いたい。



100円ショップに「ジョイントマット」が沢山売られています。
30センチ角2枚セットで100円。12枚あればいいので、600円です。

分厚くてある程度の硬さがあって
石ころまみれの冷たい地べたでも大活躍で
キャンパーの間では、これを敷く人が多いようです。


マッチやライターなんて、あっ!というまに無くなります。
だから、セリアにファイヤースターター着火棒が100円で売られているので
それで火起こしの訓練をした方がいいと思います。


まあ、そもそも、「避難所」であるはずの学校や公園に
「バーベキューコーナー」すらないというのは
この国の行政の「悪意」を見て取れるのだが。

そんなところが「警報時」に「避難所指定」なんて
どんな茶番なんだと。

火起こしすらできずお湯も沸かせない「避難所」。

バカ丸出し。


バカにあわせてたら、植民地の家畜は凍死させられて殺されるぞ。

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか