FC2ブログ

2014年12月28日 イラ菅と吉田調書


更新

「何で俺が来たと思っているのだ」原発作業員に向けた激高 
政府の原発事故調・検証委の調書で浮かぶ「イラ菅」と政府の混迷ぶり

 東京電力福島第1原発事故で政府の事故調査・検証委員会が関係者から当時の状況を聞いた「聴取結果書(調書)」は、政治家や官僚、専門家など、これまでに202人分が公開された。

吉田昌郎(まさお)福島第1原発所長の「吉田調書」で判明した現場の奮闘ぶりとは対照的に、公開された調書から浮かぶのは混迷する政府、及び腰の保安検査官、現場を乱す菅直人元首相の「イラ菅」ぶりだった。主な調書から事故の対応を振り返る。
(「吉田調書」取材班)=肩書は当時
https://www.sankei.com/premium/news/141228/prm1412280018-n1.html



誰もお前なんか、呼んでねーよ!

直ちにベント」と「直ちに住民避難」を遅延させ
フクイチ遊覧飛行をやったおかげで
フクイチは未曽有の大悲劇だよ!!!

なにが「直ちに人体に影響はない」だよ?!

時がたつにつれ
「悪夢の民主党」がどれだけ「悪夢」だったか
さらに「明白」になってきたわ!!!


検察は何のために存在しているのか
検事はよくよく考えたほうがいい。

クリミアの美しき検事総長が
なんのために戦っていたのか
日本男児なら胸に手を当て
よくよく考えなおせ!

と、いいたい。


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか