FC2ブログ

霞が関は薬物まみれ


リビア、カダフィの虐殺を笑いながらしゃべるネオコンの鬼







「殺戮の歴史」は中国4千年の歴史にも
三国志にも書かれている。

それを知らないのは思考停止の敗戦国の家畜日本人だけである。

どの時代にもどの派閥にも「敵を全滅させる」という手段に出る「集団」が沸く。

それは発酵と腐敗、生態系の破壊、砂漠化現象にもみられる。

アンデルセンの童話にも「殺戮」の描写がある。
ロシアで「トロツキスト(極左暴力集団)」という集団がいた。

その集団はロシアを追い出されアメリカに逃げた。
アメリカでネオコンを形成し世界中で「正義の戦争」という殺戮を繰り返す。

奴らの資金源は「薬物」だった。
麻薬や向精神薬でターゲットの国を「病人」まみれにすれば
後は空爆で吹き飛ばせば簡単。

日本軍は最後まで奴らと闘ったが
ネオコンは原爆を2個(厳密には12個を落とす予定)を落とし
全土空襲で「完全崩壊」を試みた。

日本軍と天皇は「降伏」するしかなかった。
それは日本国民を守るためだ。

そして、日本は完全なる「奴隷国家」となる。
霞が関も裁判所も警察も学校も病院も役所も
全ては家畜を「管理」するための〔システム」にしか過ぎない。

薬物を資金源にするネオコンの下請けなのだから
日本中に薬物を蔓延させていたのは「霞が関」である。

2011年、「ヘリ視察」という「ベント遅らせショー」を行い
原爆を大爆発させ、汚染地帯を子供にガラスバッジをつけて歩かせ、
500ベクレルを日本人の子どもに「安全だから食え」と言った。

2012年12月、悪夢の民主党から安倍自民が主権を奪還する。
2013年、霞が関の人事権をネオコンから奪還し、人事改革に取り組む。

2017年1月、高杉晋作の意をくむ安部寛の孫「安倍晋三」と公安北村滋派閥は
官邸からネオコンの代理人をつまみ出した。

日本はここから、独立国として歩み始める。

そして、霞が関の「ヤクチュウ」が次々に逮捕である。
そして、霞が関の暴力装置「関西生コン」が大量逮捕である。


これは日本だけの意向ではなく
地球規模で「ネオコン撲滅」へ大きくかじがきられ、
日本もその船に乗ったからである。

安倍自民だけをとにかくつぶせばどうにかなる!と
日本のネオコン残党は思っているようだが甘いのである。



基本的人権とは
人が健康に安全に生きる「権利」である。

薬物まみれで病人のように
だらだら偽善をはきちらかして
夢遊病患者のように「徘徊」する事ではない。



筋金入りの極左「トロツキスト」をロシアからつまみ出したKGBのトップ
プーチン皇帝の語録をかみしめおけ。




コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか