FC2ブログ

日本のコンクリートが危ない!

 

20年も前から、日本のコンクリートの「危険」について
専門家が警鐘をうならせてきました。

コンクリートを使った公共施設、公共工事の河川がズタボロなのです。
30年で崩壊するモノばかりです。

日本中で災害が多い原因は、ほとんどが劣化コンクリと人災なのです。

しかし、日本は総出をあげて「無視」していました。

なぜ日本のコンクリートは低品質になったのか?

専門家としての意見がかかれていますが
その最たる原因は
「朝日と関西生コン」でした。



朝日不動産屋は生コン労働組合「関西生コン」と結託し
建設業界を脅して回っていたのです。

その額莫大。

そしてその上には財務省がいて
そのカツアゲで積み上げた内部保留で
あらゆる業界を操ってきました。

裁判所は朝日で研修をします。
朝日と司法業界も「一体」でした。

上から下まで劣化生コンマネーで
日本はとうてい「民主主義」や「三権分立」など存在しなかったのです。

日本は敗戦国でネオコンに支配された植民地なので
「言論の自由」を憲法が保証している!などは
幻想にかすぎなかったのです。


朝日は「新聞」と称して、ひたすらデマを印刷してビラまきし
ネオコンの下部組織「共産党 極左暴力集団」と一体で
「サヨク偽善」という暴力で国民を黙らせてきました。

日本の国土と日本人を時間をかけて略取しながら崩壊させるのが
やつらの目的だったから。


それに反する政治家の選挙演説では
これでもかと言うほど「暴力団まみれ」の妨害を行います。

植民地の日本では、あいつらが捕まるわけがないのです。

日本の司法は出鱈目でした。
カフカの「迷宮」はネオコンのテロ資金源「日本」の事でした。

朝日はもう、色々な事がバレすぎて
今では開き直っています。


日本の公共工事は、すべて修復に取り掛からなければならない「急務」です。
待ったなし!です。

目の前の「危機」に対応する政治を!

優先順位を合理的に、理論的に、整合性をもって考えられる政治を!

サヨクの偽善に騙され続ける老人に、日本が崩壊させられるその前に!

日本の未来を変えましょう!





コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか