FC2ブログ

不健康薬漬け利権で、東京は激戦区

ランセット誌への安倍総理寄稿「我が国の国際保健外交戦略-なぜ今重要か-」

平成25年9月20日


日本は今、健康的な長寿社会の実現に向けて戦略を進めている。日本は、公的介護保険制度を導入し、高齢者が地域の中でより自立して生活できるよう取組んでおり、高齢者の社会参加が推進されている。私は国を挙げて、そして必要に応じて規制緩和を通して研究開発を推進し、健康長寿産業の発展に取り組んでいく。このように官民が手を取り合い、寿命の伸びを上回る健康寿命の大きな伸びをもらたす事が、急速な超高齢化社会への処方箋となるであろう。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/page3_000401.html




ランセット誌への安倍総理大臣寄稿「世界が平和でより健康であるために」

平成27年12月11日

世界が平和でより健康であるために
 
「保健」は根本的に地球規模の課題である。最近のエボラ出血熱、MERSのアウトブレイクからも分かるように、各国の協力が必要である。世界は団結し、各国は強靭で持続可能な保健システムを整備し、可能な限り国民の健康水準を向上させなければならない。 日本は長年、「人間の安全保障」構想を提唱し、現場での具体的な取組を行ってきた。「人間の安全保障」は、人間の自由、自己実現そして能力が発揮されるよう、人の人生において欠かすことのできない核心を守るものである。そしてそれは、我が国の「積極的平和主義」政策の基礎となっている。日本は、「保健」を、人間の安全保障の中心的な要素と考えている。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_002770.html

【参院選2019】立候補予定者と選挙区情勢(1)残り「1」激戦、東京 自公手堅く、神奈川

 ■残り「1」 立・国・維4人激戦 東京

 改選数が5から6へ増えた。自民の2現職と公明現職、共産現職が手堅く当選するとの観測が広がる。元自由共同代表の現職山本も出れば、残り1議席を立民と国民、維新の4人による熾烈(しれつ)な戦いになりそうだ。

 自民は、3人目擁立を模索する動きもあったが、最終的には丸川と武見の2人で戦う方向だ。6年前はトップ当選の丸川は、都議らの支持を固め上位当選が濃厚な情勢。逆に最下位当選だった武見は医師・薬剤師関係などの組織票が頼り。

https://www.sankei.com/politics/news/190604/plt1906040007-n1.html

「健康的な長寿」という戦略を
何が何でも潰してやりたい!!!と思っている勢力が
凄まじく行脚している「東京選挙区」。

子宮頸がんワクチン推進の議員が
ゴキブリのように徘徊中!



それでいいのか、東京都?!





なぜ、東京で凄まじい選挙妨害がおき
逮捕者まででたか、わかりますか?

「健康長寿!」なんてことは、製薬マフィアには
あってはならない「政策」だからです。

東京は激戦区です!

期日前投票で、不健康薬漬け政策をぶっつせ!

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか