FC2ブログ

オオスズメバチ マリアの物語



 


内容紹介

命はたった三十日。戦うことに迷っている暇なんてない。
『永遠の0(ゼロ)』と並ぶ、最高の感動作!

命はわずか三十日。ここはオオスズメバチの帝国だ。晩夏、隆盛を極めた帝国に生まれた戦士、マリア。幼い妹たちと「偉大なる母」のため、恋もせず、子も産まず、命を燃やして戦い続ける。ある日出逢ったオスバチから告げられた自らの宿命。永遠に続くと思われた帝国に影が射し始める。著者の新たな代表作。

私たちはただ務めを果たすだけ。ある日、突然やってくる終わりの日まで。

ワーカー(ハタラキバチ)は、現代で働く女性のように。女王バチは、仕事と子育てに追われる母のように。この物語は、「たかがハチ」と切り捨てられない何かを持っている。「世界が広がるはずですよ」(養老孟司―解説より―)




昆虫には昆虫の世界がある。
人間には人間の都合がある。

そして
日本蜜蜂を愛し
日本蜜蜂を襲撃されたぎのごちゃんは
「オオスズメバチハンターぎのご」として
新たな道を歩み始めた。

しかし
本当の敵は「ザイム城」にいたのである。

あいつらの最新兵器は「ネオコン・ニコチノイド」であった。


といふ物語でも書いたろかwww

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか