FC2ブログ

STAP騒動と岡山大騒動 匿名炎上マーケティング





>岡山大学の津田敏秀教授は、福島県内の子どもの甲状腺がんが多発している問題について、予測よりもはるかに高く、以前考えられていたよりもはるかに速いと指摘し、次のように語っている。







岡山大学

本学に関する裁判の結果について

2019年05月31日

 本学大学院医歯薬学総合研究科の元教授2名が,本学が行った停職処分と解雇が無効であると主張し,本学職員としての地位確認等を求めていた訴訟に関し,令和元年5月31日,岡山地方裁判所は,当該停職処分及び解雇を有効と認め,元教授2名の請求をすべて棄却する旨の判決を言い渡しました。

本件に関する学長のコメントは以下のとおりです。

【学長コメント】
本学の主張が正当に認められた結果であると考えています。今後も,適正な大学運営に努めて参ります。

http://www.okayama-u.ac.jp/tp/news/news_id8554.html



STAP騒動と並行して
「甲状腺がん多発」と公表した岡山大学医学部は
「薬学部の職員2人」に「大量不正論文があった」と内部告発され
匿名の集団がTwitterで拡散し、マスゴミがそれを報道するという
2重構造を平然とやってのけた。

そして岡山大学は2名の職員を解雇。
その裁判が延々と続き、「不正の論拠」が匿名や素人のライターであり
科学的な根拠がどこにもないとして、2人の解雇を認めた。

理研はハーバードと特許の取り合いやってたわけで
STAP細胞理論が不正もくそもないわけだ。
岡山大学の不正騒動は「甲状腺がん多発」を公表したから
報復行為に出たのは、原発ムラです。


さらに、これより前、子宮頸がんワクチンの副作用問題でも
Twitterで匿名が被害者を「反ワクチンカルト」と冒涜しまくり
マスゴミがそれを元に記事にする、という構造があった。


本庶は初期から笹井芳樹を冒涜し
本庶の弟子「サイエンスジャーナリスト 匿名村中璃子」は
子宮頸がんワクチン被害者と放射能危惧派を「カルト」などと
JR東海系雑誌「ウェッジ」に書きなぐり
2019年3月、提訴されていた名誉棄損裁判で
「取材もしていない」としてボロマケ。


ひた隠しにしていた本名を判決文に書かれる始末。


そして、岡山大学も裁判で勝訴したわけだが
この解雇された2人は、岡山大学を刑事告訴するとも言っていたのだ。
受理されたかどうかは公表していない?ようだが。

この2つの裁判では、
「匿名の妄言者たちの妄言」をつなぎ合わせて「論拠」にしていた事を
裁判官が指摘していました。
「弁護団」は裁判官を騙す事が出来なかったわけだ。



マスゴミにどこかから「広告費」がおりていた。
ネットで騒ぐ下請けの「広告業者」が匿名に膨大な書き込みをさせる。

そして、炎上マーケティングであたかも「根拠のある事実」であるかのように偽装し
誰かを「犯罪者」に仕立て上げる。

この構図はもう見えているわけです。

実際問題、子宮頸がんワクチン被害者を冒涜する一部の連中に
「お金」が流れていて、誰が渡したかわかっているそうです。


JR東海は「極左暴力集団」の労組だし
子宮頸がんワクチンの広告事務局は「朝日エル」だし
原子力産業機構は「原発ムラ」と開き直っているし
どちら様も、開き直っているわけです。

一言で言うと「反天皇 反自民 反安倍 倒閣ムラ」の
ルサンチマン・ネオコン野党共産党




http://archive.is/CQDxc

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか