グルンバ発酵菌のコストは,千分の壱!

◆2011/04/03(日) グルンバ発酵菌のコストは,千分の壱!

がけっぷち君が神戸で作っている乳酸菌培養装置が完成した.
次は,いよいよ『光合成細菌』と『乳酸菌』(以下『発酵菌』と略す)の培養だ.
がけっぷち君は去年,中国・広州まで来て,発酵菌の培養方法をみっちり勉強した
ので,発酵菌培養のプロだ.
…とは言っても,最初,“種菌(たねきん)”がないことには培養ができない.

今回,種菌は,鹿児島・志布志のヨモギの葉の漬け物汁から採取した.
放射能(放射性物質)をバンバン吸収する『光合成細菌』もタップリ入れた.
あ,種菌は,きのう発送したよ!>がけっぷち君

種菌とグルンバがあれば,発酵菌はドンドン増殖する.
1000リットルでも,2000リットルでも,5000リットルでも,ドンドン増える!
コストは,1リットルが1円程度だ.
市販されている『光合成細菌』が,1リットルが1000円もするので,千分の1だ.
だから,放射能で汚染された農地にジャンジャン散布できる.
散布量は,1反歩=300坪=1000平米あたり,500リットルが目安.
グルンバ発酵菌を散布したら,2~3日おく.
この間に,発酵菌は放射能(放射性物質)をバンバン吸収する.
放射能をバンバン吸収しながら,農地の土壌のなかでドンドン増殖する.
2~3日後,ヒマワリの種を撒く.
ヒマワリは,危険性がなくなるまで30年以上かかる土壌の放射性物質をわずか20日で95%以上も除去する.

さらに…,
誰も気づかなかった,放射能除去の凄い方法がある.
それは…,
ヒマワリが発芽したら,ある植物を植えることだ.
この植物は,根で増え,茎(クキ)で増え,葉で増え,種子(タネ)で増える.
だから,ガンガン増えていく.放射能を吸収しながら増えていく.
この植物は,チェルノブイリでもガンガン繁茂している.
ガンガン繁茂したので,リスやネズミやモグラなど小動物が増えてきた.

この植物の名前を教えよう!
ヨモギだ.
漢字で書くと,「蓬」.
ヨモギは,ロシア語では何というか?
そう! 「チェルノブイリ」と言う….

http://grnba.com/iiyama/

東日本はこれからがヨモギのシーズンでしょ。
ある意味とっても良い時期というか。。。
ラッキーだったと言うか。

自宅の水道水の放射能浄化だけど、
光合成細菌が浄化するにはこのようにある程度日数がかかる。
ので、出た水をその場で使うほど早くは浄化できない。

ただ、貯水タンクにグルンバ設置して、
浄化してから家庭に供給ならできると思う。

詳しい事は飯山のじーちゃんに聞いてください。

コメント

ありがとう

皆が自宅で天然酵母を培養して、排水口に流し続けたら
海も少しはキレイになったりしないかなぁ…と思ったのです。
きのこさん、ありがとう♪

No title

飯山さん、きのこさん、すごいです!

ここんとこ少し落ち込んでいたんですが、立ち止まっている暇はないですね。
というか・・・もともと動作が鈍いんですが・・・^^;

きのこさんのブログに来ると元気がでます。

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか