FC2ブログ

安心安全な米で米のとぎ汁乳酸菌♪

2012/05/28(月) 南九州の乳酸菌農業 (4)

農は国の基(もとい)なり!」
これはまさしくそのとおりで、「農」を国の基本におかない国は滅びるか、
他国の食料に依存する従属国家になる。
(だからTPPは、従属国家になります! という愚者の宣言だ。)

日本は、明治以降、富国強兵・殖産興業のため、農民から過酷に地租、
税金を取り立て、「近代化」を進めてきた。
また、日本の「近代化」は、農村から都市へと労働力を吸い上げる方策
だったので、農村は労働力を失い、農村の「大家族」は崩壊した。

さらに、1920年代末の世界経済恐慌と農村恐慌で、日本の農村は完全
に崩壊してしまった。
農村(ムラ)の崩壊で、ムラの秩序原理は都市において再現され、日本全体がムラの
秩序原理で動くようになった。大学祭はムラの収穫祭と同じで、一流企業も中央官庁
もヤクザも軍隊も、親分子分のムラの秩序原理(大家族主義)で成り立ち、国会議員
も派閥を「ムラ」という…。そうして日本全体がひとつのムラになり、この巨大なムラが
全員一致主義という「ムラの決め式」により、一丸となって戦争に突入していった…。
(上の理論は、昔、政治学者・神島二郎が著書『近代日本の精神構造』でとなえた学説。)
日本は農村が崩壊し、「農」そのものが崩壊してしまっている。
この現実は、広大な穀倉地帯が東電の放射能で汚染されてしまった!
つまり、「農」どころか、「食」そのものがない! 安全な食品がない!
いう致命的な段階にまで達している。

いまこそ! われわれは、声を大にして、
農は国の基
(もとい)なり!」
同時に、もっともっと大きな声で、
食は民の基
(もとい)なり!」
と叫ばねばならない

しかし声に出して言っただけでは何にもならない。現実的な行動が必要だ。
さいわい南九州では、安心・安全な水や食料がゴマンとある。
大隅半島では食料自給率が600%以上もある。これは食料が有り余って
いるということだ。これを倍の1200%!にすることを、いま鷲は、南九州を
歩きまわって頼んでいる。
「東日本を救うための乳酸菌農業だ! 気張って増産してくれ!」 と。

今後は、人手も必要になってくる。集荷や梱包や配送の仕事も増えてくる。
自発的に積極的に本気で知恵と工夫と汗と血を出す人間なら、南九州は
夢も希望も生きがいもある土地だ。
南九州に来っくいやん!
(志布志弁)



2012/05/28(月) 南九州の乳酸菌農業 (5)

メダカ3
たわわに稔る稲、湛水の田には無数のメダカが泳ぐ…。遠方の木々は、ビオトープの林。

この田んぼには無数のメダカが泳ぎまわっている。
よくみるとドジョウもいて、夜はウナギが跳ねるという田んぼだ。

この田んぼの広さは7反歩で、なんと専用のビオトープがある。
ビオトープ
(生命あふれる湿地)は、稲を育てる川水を養生する池だ。
この池にはナマズや鯉が棲んでいる。イトミミズやタニシもいる。

驚くなかれ、この田んぼは無肥料だ。本来、稲は肥料などは不要だ。
稲が病弱だと害虫が寄り農薬が要るが、健康な稲は無農薬でEー。
野山の樹木や、道端の雑草を見よ。肥料も農薬も不要ではないか!

植物は、水と炭酸ガスと太陽光があれば、自分のカラダをつくる…。
肥料や農薬にたよってイネという植物をつくる。これは間違いなのだ。

だから、この田は、無肥料で、無農薬で、さらに不耕起 だ。
つまり、まったく耕さない。耕さないから、イネは、必死に自力で土を
掘って根を地中深く伸ばしていく。だから、台風が来ても倒れない。

田んぼ土を耕すのは、根っこ自身なのだ。
農地は、根が耕し、ミミズが耕し、土壌菌が耕す。これでEーのだ。
下手に耕すから雑草の種子を掘り起こし、除草剤! となる。 (笑)

除草剤、農薬を一切つかわないから、シオカラトンボも集まってくる。

トンボ


これは、↓広い田んぼの隅の林のなかにあるビオトープ。

池


ビオトープの水、きれいでしょ? 乳酸菌を流し込んだ池です。
右が、稲作名人の瀬戸山譲一くん。乳酸菌農業の名人でもある。

池2 瀬戸山君

そ~だ! この付近は、大昔、神武天皇が歩き回られた! という
伝承が残ってます。近所には、『
唐仁古墳群』があります。

飯山一郎のブログより
http://grnba.secret.jp/more30.html#rr05281



無農薬放射能フリーのお米。

ずっとずっと、これを伝えてきた。

お米がいかに大事かを。

お米と言うのは「種」です。

もみ殻をとれば玄米。

精米すれば糠と白米です。

農薬や放射能で汚染された玄米には
約80%が糠の部分にあります。
精米しても20%の汚染物質が残ります。

だから、米の安全には
とことんこだわっていたのです。

しかし、フクイチ大爆発の「ガン直人人災」で
日本人は1年間、500ベクレル/kgという
ありえない放射性廃棄物を
「安全だから食え!!!」と言われ続けたのです。

500ベクレルカルト教団の幹部たちは
未だに「原子力規制委員会」に居座り
泊原発活断層デマを流しています。

放射能を食って吸って安全デマを流しておいて
安全な泊原発は止めていたのです。

日本人の生活を壊す事ばかりをする
究極の嫌がらせ反日集団です。

ベクレた汚染米は
とことん汚染米なので
元気な乳酸菌がいるはずもなく
そんな米で米のとぎ汁乳酸菌は作れないし
万が一上手く発酵しても
「汚染水」です。


本当に良いお米で精米すると
糠はとても甘くていい香りがします。

スーパーの市販の「糠」みたいな「臭い」ではありません。

そんな臭い糠で「ぬか漬け」を作ったら
どうなりますか?

単純計算で、とんでもない「汚染廃棄物」です。
500ベクレルの玄米からとれる
1kの糠でできた「ぬか漬けタッパ」は
3600ベクレルの放射性廃棄物なのです。

こんな「安全偽装発酵食品」が
健康食品として大量に出回ったのです。
こんなひどい詐欺がありますか???

魔の一年間でした。


安倍政権になり
今では乳幼児の食品の暫定基準値は
50ベクレルにまで下げられました。

あの魔の一年間
乳幼児をもつママさんたちを
「放射脳」と小ばかにし続けた
ガン直人と極左のバカヤロー達に
でっかい隕石がどっかどか
落ちますように。

あーめんおーめんひやそーめん。

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか