FC2ブログ

罵倒芸 炎上芸は信頼関係が無ければ崩壊する

流れ
平成30/07/10(火) 円楽は愛別離苦を「笑い」と「涙」で表現した
愛別離苦とは「愛別離」と「苦」
六代目円楽の感動的な絶唱




上の動画(飯山一郎が短く編集)のURLは→https://youtu.be/kraJRmKf6_A
ネットの反応
ここ歌丸師匠ぜったい喜ぶだろうな~って
思いました.
円楽師匠の本音が聞けた気がしますね.

歌丸師匠が大好きだったんだなあって
山田君の様子からもわかる
みんなに好かれた歌丸師匠…
惜しい人を亡くしました
ご冥福をお祈りいたします

これ見ていたけど
思わず泣いてしまいました
しっかり締めたし,感動した

もうこんな魂の叫び 見せられたら
泣く以外ないでしょ(T_T)
会場が笑いから一気に感動と追悼の拍手に
変わった瞬間.涙不可避.

歌丸と(六代目)円楽は,昔から罵倒合戦を繰り返してきた.
だから番組内では犬猿の仲に見えるが,二人の関係は緊密!
というのは…
若手時代にネタに困っていた楽太郎(当時)に,歌丸が「俺の悪口でもいいから」とアドバイスしたのが罵倒合戦の始まりだった.

円楽いわく 「罵倒ネタを用いた際は収録後に謝るようにしている」.

普段は歌丸と円楽は非常に緊密な仲で,二人会等共演も多く,メキシコで一緒に海外公演を行ったこともある.

六代目円楽襲名の際,五代目圓楽が逝去していたこともあって,歌丸が後見人を引き受け,襲名披露を定席興行で実現させたという逸話もあるほどだ.

であるがゆえに,上の動画の「円楽の涙」は,本物なのだ.

それにしても,本当に惜しい人を亡くしたもんだ.
亡くなった人の大半は,惜しい人!なんだが…www
桂歌丸師匠は死の直前まで高座にあがる執念をもち続け…
生涯現役と後輩指導の手本を示してくれた.偉大な人物だった.

世の中には「老害」をもたらす老人も多いが…
次世代の邪魔をしないような静かな生き方を模索すべきだろう.

まぁ,意地悪婆さんや,頑固ジジ~がゐてもE~んだが…
ワシは,いじわる爺さんを演じ続けるつもりだ.
あしからず.


飯山 一郎 (72)


罵倒芸はお互い信頼関係のある上でやっているから
面白いのである。

マスゴミは罵倒芸ならぬ、炎上芸をやります。

「本気で敵対している」という演出で
炎上を画策し、自社記事へのアクセスを増やす。

そして、両方がことごとく本質をミスリードし
あらぬ方向へもっていって、けむに巻く。

これも、本気で対立している!という演出を続けなければいけないので
信頼関係が無いと成り立たないです。

ところが、炎上ビジネスなので
手加減をしなければいけないのに
一線を越えて正真正銘の「本気」になり
罵詈雑言合戦になり、最後は事件に。

これがいわゆる極左の「内ゲバ」です。

Twitterは今、内ゲバ大会です。
暴露合戦になっています。

醜いですね。

そこには「笑い」がないし「幸せ」もない。

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか