死の灰→核のチリ→セシウムボール


http://archive.is/OOMeI








2017年6月6日(火)
原発事故から6年 未知の放射性粒子に迫る

原発事故から6年 未知の放射性粒子に迫る


福島第一原発事故の際、過去の事故では見つかっていないタイプの放射性粒子が放出されていたことが明らかになった。大きさは1/1000ミリ以下から0.5ミリほど。微細なガラス玉に放射性セシウムが閉じ込められている。水に溶けないため、体内や環境中に長期間、残留する懸念がある。従来、考えられてきた放射性セシウムとは影響が異なる可能性があるという。「さらなる研究が必要」としつつ、研究者たちは、今、分かっていることを伝えようしている。未知の放射性粒子とは、どのようなものなのか?影響と対策は?探っていく。

~中略~

日本原子力研究開発機構 佐藤志彦さん
「こういったガラス状の粒子が原発事故で放出されるというのは、従来の知見ではありません。福島事故固有の現象なのか、そういったのを、まず明らかにして行きたいと考えています。」

日本原子力研究開発機構の佐藤達彦さん。放射線1本1本の挙動を計算するプログラム、PHITS(フィッツ)を使い、不溶性放射性粒子による健康影響をシミュレーションしました。想定したのは、実際に見つかっている、肺に入る大きさの粒子です。臓器の表面の同じ場所に、不溶性放射性粒子が付着し続けた場合と、同じ量の放射性物質が均一に付着した場合を想定し、比較しました。均一に付着した場合、24時間経っても、被ばく線量が低いことを示す青や水色の部分が広がっています。一方、粒子の場合、近い部分の線量が、局所的に高くなり、オレンジや赤色の領域が広がっています。

放射性物質の量が同じでも、健康影響は変わる可能性があるのです。

日本原子力研究開発機構 佐藤達彦さん
「(粒子が)臓器内でどれくらい同じ場所に留まるかというような研究もやって行く必要があるんじゃないかという風に考えています。」

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3986/index.html

呼び名は変わっても
放射能のチリはちり!

よーは
ちょー――高温の
中性子線蒸気で
放射化したフクイチ建屋そのものが
ぐにょぐにょになって
チリとなって全国各地に
降り注いだのだ。

全国まだら汚染。

その後は、メルトダウンで溶け落ちた
デブリが地下水や海水や雨水を放射化し
超高温の中性子線蒸気を吐き続けた。

2017年、ロシアのロスアトムの
専門家チームがフクイチに入り
ようやく、中がどうなっているかわかる。

それまでは、どうなっているのかさえ
わからないまま環境庁は「安全説」を
平然と垂れ流し続けていたのだ。

何故かその直後、もくもくの蒸気が止まる。

さすが、ロシアの専門家。
何をどうしたのかは、企業秘密だろう。
さすがとしかいいようがない。

とりあえず

放射能は飛び散っていません!
吸っても食っても飲んでも大丈夫!
不安煽りは「カルト」「嘘つき」「マルチ」です!

と、放射能を心配する人々を
犯罪者呼ばわりし「人権蹂躙」し続けたが

これ、霞が関が組織としてやってたんだから
オウムなんて足元にも及ばないレベルで悪質だぞ。

甲状せんがんは多発です。

それこそ、ちゃんと「法的な対応」を
求めたいと思います。


みなさん、そう思いませんか?



ていうか、オウムを利用していた本当の
オウムの中のカルト「ネオコン信者」は
いたるところにいたんじゃん!

オウムと知り合いとか同級生とか
役所も電波芸人も、オウムまみれじゃん。

くそしらじらしい。

そんなやつらが、手当たり次第に
人を反ネオコン主義を「カルト」呼ばわりしてたんだから
呆れるわ。



オウムの特徴は
自分の主張を発狂状態で叫ぶ。
あれって、洗脳というより
薬だよね。


「洗脳」ということばで「薬物」をごまかしてるよね。

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか