正常バイアス「めんどくせぇ~」

流れ
平成30/07/07(土)  「数十年に一度しかない災害が迫っている!」
土砂災害(生き埋め)が多い
「天災」と「人災」の複合災害が多発!
土砂災害
広島市安佐北区の土砂崩れ現場(7日午前)
梅雨前線が活発な活動を続けていて記録的な大雨が続いている.
死者,負傷者,行方不明者も多数に上っている.

気象庁は「これまでに経験したことのない大雨」として,数十年に1度の異常な大雨に最大の警戒を呼びかける「大雨特別警報」を岡山,広島,鳥取,福岡,佐賀,長崎,兵庫,京都の8府県に出した.

今回の記録的な大雨による災害は,わが国が自然災害超大国であることを改めて深刻に想起させてくれた.

これから先も,日本列島は重大な自然災害に襲われ続ける!
しかも,その自然災害は…
人工造林政策や宅地造成業者の致命的な間違いが,山崩れ・ガケ崩れを誘発する「人災」にもなる.

いずれにしても,われわれは自然災害に対処する考え方や心構えを,改めて点検し,検証しておくべきだろう.

というのは…
われわれは,とくに災害が迫っているときなど…
やってはいけない!と分かっているはずのことを…
最悪の方向へと促されるかのように…
判断と行動を誤らせてしまうからだ.

もっとハッキリ言えば…
災害時ではなく,日常の生活のなかでも…
われわれ人間の考え方・行動の90%は間違い!
なのに本人は,「正しいことをヤッている!」と思いこんでいる…
そこには自覚もなければ,もちろん点検も反省もない.

世の中,正しく考えて正しい行動をとっている人は…
じつは,1%もいない!ということだ.

ところで,「正常性バイアス」という心理学の用語がある.
社会心理学,災害心理学などで使用される心理学用語で…
自分にとって都合の悪い情報を無視したり,過小評価したりしてしまう人の特性だ.

自然災害や火事,事故,事件など,自分にとって何らかの被害が予想される状況下にあっても,人は,それを正常な日常生活の延長上の出来事として捉えてしまい,都合の悪い情報を無視して,「自分は大丈夫」 「今回は大丈夫」 「まだ大丈夫」などと過小評価をして,逃げ遅れの原因となってしまう心理.それが「正常性バイアス」だ.

「正常性バイアス」とは,自分が考えていること.ヤッていることは,正しい!と思い込む心理でもある.

「人災」とは,じつは,本人の思い込み(正常性バイアス)が災害の原因になる場合もあるのだ.

であるからして,この際,自分の考え方や行動を,常に点検し…
「自分の思考と行動は本当に正しいのか?!」と…
徹底的に検証するクセをつけましょう.
一回しか生きられない人生を,間違わないために!

明日(8日)も大雨が降ります!
来週は,台風8号の影響も出てきます.
飯山 一郎 (72)






人は面倒くさい事はしたくない。
だから「楽なほう」の話を鵜呑みにする。

反対意見は総がかりで「インチキレッテル」を張る。

そして被害が起きた時
「楽な方」を主張した人は
「信じた人の自己責任」で終了。

この国の形だった。


大がかりな「洗脳による人災拡大」は
人の不幸は蜜の味だから
「安全神話」を撒き散らした側の行政と電波芸人が
「復興基金を!!!」と叫び
そのほとんどをピンハネする。

マルチまがい詐欺行政メシウマビジネス


そしてそれらを保護してきたのが
「パンツ一丁裁判所」である。

最近では手パンツ一握り裁判所」とも言われているらしいが。


やることなす事出鱈目。
出鱈目のツケが「人工災害」となって現れる。



高槻の「人工地震塀器」で
「小学校」というものを無条件で信用していた児童が
殺されました。

これは絶対にあってはならない事態なのに
高槻の政治家はそれはほっておいて
未だに「モリカケがーーー」と叫んでいます。

物事の優先順位が狂っておられるのです。



洪水や土砂災害などは典型的な例で
その土地の形状や状況から見て
どこにどういう被害が及ぶのか
最初から想定できるのです。



役所が配布している「ハザードマップ」が
笑えるほど「過小評価」していてあきれる。

つまり、テレビや新聞やネットで垂れ流される「安全神話」は
国策災害拡大ビジネス。

行政の「組織的」な犯罪です。



これは敗戦国で植民地の哀れな支配なのだが
安倍政権では、官僚の人事権を
支配者のネオコンから奪還したので
徐々にではあるが
悪質な支配層は
徐々に粛清されている。

テレビや新聞で洗脳を受けていない
若いネット世代のほうが
圧倒的に安倍支持が多い。

今時の年よりは!!!と言われないように
じじばばは若い人の意見をちゃんときこうね!




コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか