FC2ブログ

ネオコン撲滅へ向けて 第一歩






朝鮮中央通信

「労働新聞」 日本の「朝日新聞」の反朝鮮謀略宣伝策動を糾弾 (2018.06.09)

「労働新聞」 日本の「朝日新聞」の反朝鮮謀略宣伝策動を糾弾


【平壌6月9日発朝鮮中央通信】先日、日本の「朝日新聞」が朝鮮の最高の尊厳を冒とくし、朝鮮の現実を悪らつに謗る謀略記事を掲載した。

この犯罪行為の張本人は御用保守論客として悪名高い「朝日新聞」ソウル支局長の牧野愛博である。

9日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、牧野と「朝日新聞」が反朝鮮謀略宣伝に熱を上げる目的は朝鮮半島に醸成された民族の和解と団結、情勢緩和の雰囲気を壊そうとするところにあると暴いた。

同紙は、牧野と「朝日新聞」の妄動は「日本疎外」によって不安がり、焦っている安倍一味のそそのかしの下で繰り広げられている反朝鮮敵対行為の一環でもあると暴露した。

また、しかし、日本の謀略家らは誤算しているとし、次のように強調した。

日本の売文家、謀略家が明白に知っておくべきものがある。

いくら舌にたこが出来るほどわれわれを謗る汚いたわごとを吐き、三文の値打ちもない虚偽・ねつ造品をロット生産しても無駄である。

そんなみみっちい行為に揺らぐわれわれではない。

同紙は、朝鮮の尊厳あるイメージをダウンさせようと狂奔する者は島国に住もうと、どこに居ようと、
必ず高価な代償を払うことになると警告した。---


http://kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf#this








さぁーーーー
面白くなってまいりました!


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか