シビリアンコントロール

平成30/04/12(木)2 「バカな野党が、朝から晩まで…」
西村慎吾が吠える
シビリアンコントロール軍人のような文民が統制
CivilC
自衛隊から栄誉礼を受ける安倍首相と小野寺防衛相=2017年9月11日、防衛省
西村眞悟.“政界の問題児”が,久々に吠えた.
まぁ“正論”ではあるので,西村眞悟のFBから全文引用する.
国家防衛や正規軍の在り方を考える思考訓練には最適の文章だ.
熟読すれば今の野党がイカにタコな“国賊”かが分かる.
シビリアンコントロール
バカな野党が、朝から晩まで、口を開けば、
シビリアンコントロールに反すると、
日報が表面に出なかったことで、政府を非難するので、
もう我慢ならん。

そもそも、シビリアンコントロールとは、何ぞや、
について書く。

シビリアンコントロール。
それは、国家の危機において、
軍隊の領域に、
問題解決を委ねるのか委ねないのか、
この最終的な決定をするのが、
国民に対して最終的政治責任を負っている
内閣総理大臣(日本や英国)
もしくは大統領(米国)であるという原則だ。
つまり、民主主義国家における軍事行動を発動する原則だ。

日米開戦の時、
米国のF・ルーズベルト大統領が対日戦争の最終決断をし、
国務長官が、振り向いて、軍の参謀総長に、
「問題解決を貴官の領域に移す」
と言った。
これが、シビリアンコントロール発動の瞬間なんだ。
そして、一旦、このコントロールが為されれば、
以後、
問題は軍のオペレーションの領域に移る。
そして、軍隊は、
決定された戦闘序列に従って、戦闘行動に入る。
そして、ここは、
オペレーションを遂行する軍の自律の領域であり、
ここに、政治家や防衛省文官の、
あれをしろ、これをしろ、という指示が入る余地はない。
ここに、政治家や文官の指示が入ることがシビリアンコントロールと思い込んで、騒いでいるのが今の国会だ。
我が国特有の珍現象だと思われたし。

ましておや、
政治家や文官に、その都度、日報を見せるなど考えられない。
見せて、その日のうちに、敵に部隊の配置と行動が筒抜けになれば、オペレーション全体が崩壊し、国家が敗北する。

我が国で、日報と言っているものは「戦闘報告」のことだ。
日々、現場の戦闘部隊から上がってくる「戦闘報告」は、
司令部の参謀と司令官が読み、それを土台として、次の作戦を立案し決定してゆく。
その戦闘報告を公表などしない。
するのは、三十年後くらいだ。

再度、言うが、防衛省内局や政治家が、日報(戦闘報告)を出せと部隊に要求するのはシビリアンコントロールとは無関係な、戦後日本特有の珍現象だと思っておればよろしい。

現実的にも、
日報の隠匿はけしからんと騒いでいる野党の面々を見て欲しい、まさしく、そこに「戦闘」の記述があれば政争の具にする為に開示を要求している顔ではないか。

また、あの面々に「戦闘報告」を見せれば、
その日のうちに中共や朝鮮の知るところとなる。

「日報」があったのに、「ありました」と言うのが遅いと現場をシビリアンコントロールに反するなどと責めているが、
もっと悪い国賊は、
自衛隊を違憲とし、シビリアンコントロールの意味も理解せず、ただ我が国の誇りである自衛隊を萎縮させるためにシビリアンコントロールという言葉を乱用している野党の面々である。
西村眞悟の“咆哮”は以上である.
今の野党がイカにタコか!というよりも,“国賊”に近い!
こ~ゆ~視点の必要性と…
西村眞悟の怒りを,ワシは理解できる.
飯山 一郎 (72)


テロや戦争や災害など
「クライシス」が発生したとき
それぞれ「現場のプロ」がいる。

戦争の時は軍隊
災害の時はレスキュー隊
テロの時は警察

など。

中央政府は現場のプロからの情報によって動く。
滞りなく、現場作業が遂行されるように。

野党と朝日は
軍はいらない!
警察は丸腰で!
東電はベントを遅らせろ!
街頭演説は群衆で妨害させろ!
と、叫び倒した。

そう、民主党菅政権は
クライシスの福島へヘリで遊覧飛行し
ベントを遅らせ
現場作業を滞らせ
大爆発させたのだから

シビリアンコントロールを
破壊したのだ。

あげく、立法府の国会運営を妨害し続けている。

まともな国家は行政に「暴力装置」を置き
まともではない野党は取り巻きに「極左」を置く。

そしてTwitterで膨大なアカウントを使って
インチキ世論をでっち上げ
それを「本当の世論」として報道する。

日本はネオコンの植民地だったから
軍も警察も裁判所も
一部の高級官僚と「極左」のパシリだった。

そのどうしようもなくなった「暴力装置」と
現場で戦っていたのが「任侠ヤクザ」であり
極左を抑え込んでいた。

ネオコンは警察を使って
日本最後の任侠「ヤクザ」を
「暴力団」と呼び、破壊し続けた。

しかーーーし
プーチンと金正恩のネオコンへの恫喝のおかげで
安倍政権はネオコンと極左の追い出しにかかった。

そしてやっと、本当の独立国家への第一歩を踏み出した。

安倍の言った「アンダーコントロール!」は
福島の事ではなく
日本丸ごとの事だったのだ!


池田信夫というTwitter界の問題児おじさんがいるのだが
至極真っ当な事を書いているので
取り合えず貼っておくwww




内閣人事局という「静かな革命」

2016年05月16日 10:58
30jinjikyoku1

先週の記事についてコメントがあったので、少し補足しておく。安倍政権の強さの原因として牧原出氏も御厨貴氏も一致して指摘するのは、菅官房長官が内閣人事局を通じて霞ヶ関の幹部600人の人事を握り、実質的な政治任用にしたことだ。

官僚の人事は各官庁が決めて人事院が承認するのが当然と考えられていたが、これはおかしい。国家公務員法では「任命権は、内閣、各大臣に属するものとする」と定めている。もちろん何万人もいる職員を閣僚が任命できないので、人事を官僚に委任することはできるが、本来は政治任用なのだ。

続き↓
http://agora-web.jp/archives/2019199.html

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか