FC2ブログ

朝日新聞のここがおかしい!


http://archive.is/LoNoE


http://archive.is/2ophA

朝日新聞デジタル
福島の放射線の量を正しく理解してほしい

現地に足を運んでデータを積み上げた科学者、早野龍五さんに聞く
早野龍五
2017年03月06日
東日本大震災

 2011年3月、福島第一原発の異変を感知した直後からツイッターによる情報発信を始めた東京大学理学部教授の早野龍五さんは、この3月に東大を定年退職する。現地に足を運び、「福島県南相馬市での給食検査」「ホールボディーカウンターによる内部被曝(ばく)調査」「乳幼児専用の検査装置(ベビースキャン)導入」など、さまざまな取り組みに身を投じてきた。6年間を振り返り、復興に寄せる思いを聞いた。(聞き手・伊藤隆太郎)
――なぜ先生は福島にかかわってこられたのでしょうか。
拡大インタビューに答える早野龍五さん
 自分の専門は、原子物理学です。この20年間、ジュネーブのセルン(欧州合同原子核研究所=CERN)で、物質と反物質の対称性について研究してきました。これまで仁科記念賞なども頂戴し、学界ではそれなりの評価は受けてきました。
 ただ、自分が研究してきた内容そのものは、すぐに何かに応用できるものではありません。ですから、多大な研究費をいただいて仕事してきたことに関して、心の片隅に「どこかで何らかの社会的な還元をしたい」という思いがありました。
 そのときに、3.11を迎えたのです。自分が科学者として発信できる範囲で、ツイッターで発信を始めると、一気にフォロワーが15万人を超えました。顔をさらして、実名を出し、逃げも隠れもできない状況で、「何かを発信するなら、いまだろう」と思いました。

http://archive.is/ORC2s








なーーーんか、
おかしくないですか?!







コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか