朝日の底辺たちの脅迫活動

















こいつらは「科学者」「医者」「ジャーナリスト」「活動家」と名乗っているが
業界の底辺の者達であり、
やっている事は
何の根拠もない「ネットの噂」をつなぎ合わせた
単なる「イチャモン」なのである。

そして単なるイチャモンではなく
「脅迫」でしかないのに
肩書を振りかざしはぐらかしをしている。

そして大勢を煽り
集団リンチと化す。

特にTwitterは脅迫集団リンチ会場化している。

この集団リンチを「世論」として
大手マスゴミがそいつらを「口火を切る」きっかけに使う。

全く裏取もなく大手の紙面でやるのであれば
大手は文責を取らなくてはならないが
「朝日」というところは
一切の責任をとらないどころか
「苦情」にたいし、クレーマー扱いをして
話しにならない。

朝日のフリーライターとその取り巻き達が
匿名で「脅迫行為」を繰り返している。
子宮頸がんワクチン問題もそう。
しばき隊リンチ事件もそう。
シオリ事件もそう。
森友問題もそう。
南相馬除染利権脅迫事件もそう。

あげく、この底辺の者達は、
一般人から他社の記者、作家小川榮太郎にまで
「名誉棄損」で刑事告訴、提訴を繰り返している。

そして、警察と検察は
朝日様の都合のよいように
家宅捜索、PC強奪などを繰り返し
証拠を捏造し、または証拠隠滅して回った。

裁判所はあり得ないほど、朝日関係者であれば
発狂し続けても止めず、好き放題裁判所で喋らせる。

何もかもがインチキ司法。
それがばれたのであって、
今までもずっとこれだったのだ。

これらの弁護士費用の出所は、朝日でしょ!

当然、スポンサー様からの迂回だが
「原稿料」として払い続けているなら同じだ。

朝日が自社の「ライター」として
お墨付きを与えてるわけで
「文責」の意味をよく考えろと言いたい。

安倍政権倒閣のために
その周辺を次々に「裁判恫喝」を繰り返しているでしょ!

これって、朝日の責任でしょ?

みなんさん、どう思われますか?

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか