素人の勘違い医学

平成30/04/07(土)  世の中は「薄っぺらな常識」で動く
心臓マッサージ? 阿呆か!
脳障害なのに馬鹿女が心臓マッサージ

4月4日.大相撲舞鶴場所で,舞鶴市長が挨拶の途中,いきなりバタッと倒れ,急いで駆け寄った救命女性が心臓マッサージを施し,他の女性が土俵に上がった辺りで,「女性の方は土俵から降りて下さい!」と数回アナウンス.その後,土俵上に大量の塩が撒かれた.
共産党の志位氏,立憲民主の辻元清美氏らは,「人命尊重が優先!」と,土俵の女人禁制に疑問を投げ掛けた.
得意顔で土俵に上がった看護婦.出しゃばりすぎだ.
脈もとらずに,いきなり(下手糞でE~加減な)心臓マッサージ!

あの看護婦は,バカか? (爆)
心臓障害ではなく,脳障害(くも膜下出血)を発症した患者をあんなに乱暴に扱っちゃイカん!>タコ看護婦 ww

あの看護婦の無断勝手な医療行為は医師法・医療法違反であり,傷害罪に該当する違法性があります.

しかし世人は,「看護師がヤッた“救命行為”はスバらしい!」 「相撲協会の女人禁制は改めよ!」などと“正論”をブッている.

このような(薄っぺらな)“正論”や“正義感”で,世の中は動いていくのでしょうが…

女性は大相撲の土俵に上がってはいけない!とか…
女性が(迂闊にも)上ってしまった土俵には,浄め(きよめ)の塩を撒く!
こ~ゆ~日本の伝統文化は守って欲しい!と思います.

看護婦は看護婦なので,ワシは看護師などとは呼ばない.あしからず.
あと,医者は医者なのであって,医師などとは呼ばない.イシシ,ウシシ.
飯山 一郎 (72)

流れ
平成30/04/07(土)2  世の中,馬鹿な女が多いが…
それでも女性は太陽だ!
脳障害(クモ膜下出血)なのに心臓マッサージを施した馬鹿な看護婦.
しかし,彼女の動機は人命救助だった.

人命を救う!この心理は,じつは,女性の「神性」なのだ.
女性こそは,イノチを守り抜き,育てる女神なのである.

大相撲の土俵は神聖で,女性の不浄を嫌う!とは言っても…
土俵の上でヤッていることは,殺し合いの代替行為でしかない.

男は闘い,殺し合う. 女は産んで育てる.
生んだ子供のイノチを女は,母親は,命懸けで必死に守る.
子供のイノチを救うために死んでいくのは,いつも母親だ.

そういうイノチを救いたい!という衝動が,モロに出たのが…
あの舞鶴場所の土俵に駆け上がった看護婦さんだった.

彼女は…,ほんと,えらいっちゃあ,えらい!
だっけど,女は,あまり出しゃばらないほ~がE~からな!と…
爺ちゃんは,あえて,言っておくwww
飯山 一郎(72)


単純に言って
脳の血管が破けてるのに
心臓マッサージで
むりくりに血流をあげれば
とんでもない事になるのではないかと
素人でも思うのですが

この看護婦さんは・・・

どしたんだがや?www

そもそも

>辻元清美氏らは,「人命尊重が優先!」

というのであれば

森友で現場作業員が
不審死しているあの事件を
徹底追及すべきなのでわ?!

相撲に口出ししてる
暇があればwww


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか